29日、香港メディアの鳳凰網は東京都内で五輪を前にしてホームレスの排除が行われたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年3月29日、香港メディアの鳳凰網は東京都内で五輪を前にしてホームレスの排除が行われたと伝えた。

記事によると、27日に渋谷区は公園などに住むホームレスらを排除した。新たなビル建設のためだが、支援者などから区はホームレスに対する配慮と支援をしていないとして抗議の声が上がったという。しかし渋谷区は、ホームレスに配慮しており、宿泊場所の提供をしていることを強調した。

記事は、日本には生活保護制度があり、東京なら月に12万円を受け取ることができるものの、多くのホームレスは恥の意識を強く感じており、政府からの援助を拒絶する人が多いと伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「どこの国も一緒だな」「これはどこも同じだ。ただ中国では抗議と不満が見られないだけ」「メンツプロジェクトというのはちゃんとやらないとね。これは国を問わない」などのコメントが寄せられた。

また、「抗議する勇気があるのか。日本には戦車がないのかな?」というコメントがあったが、これは明らかに天安門事件でのことをやゆしている。

他にも、「日本にもホームレスがいるのか?日本はすべてが良いところじゃなかったのか?」「五輪は2020年だろ?まだ早すぎないか」「頭悪いなあ。こういうことはこっそりやらなきゃダメじゃないか」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)