写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャパンホームシールドは4月1日、関東財務局より少額短期保険業の登録を受け、既存住宅の設備保険を扱う住生活少額短期保険の営業を開始する。

住生活少額短期保険では、既存住宅を購入する際の不安要素の一つである設備故障に対応するため、設備に故障や不具合が生じた際、それを修理するための費用を補償する「既存住宅設備保険」を開発・販売。同分野の保険の販売は業界初の取り組みという。