2006年からF1に参戦し続けているスクーデリア・トロ・ロッソ。そのオフィシャルパートナーであるカシオのエディフィスから2017年3月にタイアップモデル「スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディション」待望の第2弾が登場します!

1

今シーズンのトロ・ロッソのマシンは今までと印象ががらりと変わり、ブルーを基調としたスタイリッシュな仕上がりになりました。そして、この第2弾リミテッドエディションも第1弾モデルからデザインが一新。超ハイテク機能も追加され、マシン同様、進化をとげているのです。

 

第1弾モデルとの一番の違いは、クロスバンド。耐久性・耐水性に優れたCORDURAファブリックを使い、より快適な装着感が実現されたのだそうです。そして、裏からチラリと見えるレッドと遊環に刻まれたトロ・ロッソの刻印がめちゃくちゃかっこいい! それにベゼルにはエイジド加工が施されています。新品のピカピカでなく、勝利を得るために戦い抜いたパーツをイメージさせるその表面処理から男らしさを感じて激シブ!! 私的お気に入りポイントです。

 

もちろん、秒針やインダイアルにはトロ・ロッソのチームカラーである、ブルー、レッド、ゴールドが配色され、F1マシンを彷彿させてくれます。

リミテッドエディションといえば時計の正面にチームロゴがあるイメージですが(第1弾モデルにはありました)、このEQB-501TRC-1AJRにはないのです。なので、ぱっと見は通常の時計。でも、チームカラーの配色や裏蓋・遊環にチームロゴが刻まれているなど、さりげなく限定モデルアピールができるというのも、魅力的です。日常使いにもぴったりですね。

また、日付と曜日が表示されるインダイアルはスピードメーターをイメージした作りで、クルマ好きにはたまらないデザインになっています。

リミテッドエディションにふさわしい、チームロゴ付きのスペシャル仕様パッケージの中には、ドライバー2人の写真付きミニパネルも入っています。ここに二人からサインをもらって、部屋に飾りたいなー、と妄想は尽きません。

さらに、こちらのEQB-501TRC-1AJRは機能面もパワーアップしました! スマートフォンと連携させることにより、1日に4回の時刻自動修正が可能。そして海外渡航時には、時計のワンプッシュ操作で簡単に時刻修正をしてくれるという、超ハイテク時計なのです!!

 

やり方はとっても簡単。専用のアプリ「CASIO WATCH+」をインストールして、Bluetoothに対応するスマートフォンと連携し、アプリにセットされている世界約300都市の中から選択すればOK。

以前、同じ機能のついた別モデルの時計で実際にアプリとの連携を試させてもらったのですが、機械オンチな私でも簡単に設定することができました。海外に行って、時計の時刻を合わせるのはとっても面倒ですよね。しかし、この機能さえあればワンプッシュで時刻修正を行ってくれるので、F1ドライバーのように世界中を飛び回っている人達にとって、「魔法の時計」なのではないでしょうか。

更に、スマートフォンリンク機能により、1/1000秒ストップウォッチによる様々な計測結果を記録することも可能。レース観戦時にアプリのサーキットデータでコースの距離を設定し、ストップウォッチでラップタイムを記録すれば、ラップごとの平均時速など自動的に算出できます。測定したデータをアプリに転送するとスマートフォンでラップタイムを確認できるので、気分はチーム監督! レース観戦がさらに楽しくなりそうです。

 

機能面、装着感もパワーアップしたEQB-501TRC-1AJRは53,000円(税抜き)。第1弾モデルと比べると少し高めですが、この値段の価値は十分にある時計だと思います。

EQB-501TRC-1AJRのような超ハイテクモデルも良いけれど、予算的に厳しい・・・もしくはもっとトロ・ロッソを全面的に推したモデルが欲しい! という方におススメなのが、EFR-556TR-1AJR。そう、第2弾トロ・ロッソ・リミテッドエディションは、2タイプあるのです!!

EFR-556TR-1AJRはベゼルにブラックIP加工が施してあり、チームカラーのブルー・レッド・ゴールドの差し色をより際立たせ、レーシングマシン同様スポーティーかつ精悍な作りになっています。アプリ連動はないものの、トロ・ロッソのロゴが存在感抜群! 時間を見るたびに、目にとまりニヤニヤしてしまいそうです。

もちろん、裏蓋にもトロ・ロッソのロゴが刻印されており、パッケージもトロ・ロッソ仕様。リミテッドエディションならではの特別感も備わっています。気になるお値段は、27,000円(税抜き)です。

同じ「トロ・ロッソ・リミテッドエディション」でありながら、デザインや機能面が異なる2つの時計。トロ・ロッソのドライバー、カルロス・サインツJr選手とダニール・クビアト選手のエネルギッシュなイメージにぴったりで、どちらもかっこよく、選ぶのに迷ってしまいそう! ぜひ両方手にとって、自分にぴったりの時計を選んでくださいね。

そしてこの時計をきっかけに、F1に興味をもってくれる人が増えると良いな、なんて思います。

(yuri)

【関連リンク】
「スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディション」公式ページhttp://www.edifice-watches.com/jp/ja/collection/limited_edition/

カシオ・エディフィス「スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディション」第2弾はベゼルのエイジド加工とサーキット速度計測機能がキモ(http://clicccar.com/2017/03/29/454778/)