28日深夜放送の「Good Time Music」(TBS系)で、エレファントカシマシ宮本浩次が、ヒット曲「今宵の月のように」の制作秘話を語った。

番組では、エレファントカシマシがゲストとして登場し、彼らの大ヒット曲「今宵の月のように」にまつわるエピソードを宮本が語った。

当時、ライブハウスなどでコンサートをしていた際、誰かがドラマのプロデューサーを招待していたのだという。そのプロデューサーが、会場に何度か足を運んでいるうちに、エレファントカシマシのことを「いいバンドじゃないか」と評価してくれたそう。そして、女性が主人公のドラマを制作する際「女性目線の歌を作ってくれないか?」と主題歌の依頼がきたのだという。

宮本は「女性目線と言われても男だし、女性目線っていうのも難しいな」と悩んだ末、自慢の曲をすべてて投入したのだと明かす。しかし、ドラマのイメージと合わないという理由で、すべてボツになってしまったのだとか。

当時、宮本は困りながらも、知人にアコースティックギターを借りて、東京・恵比寿の事務所で曲作りをしていたそう。そして、女性目線ではなく、男性の歌になってしまったが「今宵の月のように」を作り、プロデューサーに持って行ったそう。するとプロデューサーは「これだよ!」と喜び、ドラマのイメージとぴったり合った「今宵の月のように」を主題歌として採用したのだという。

宮本は「『今宵の月のように』が街から流れたときは、ほんとに嬉しかったです」と、当時を振り返っていた。

【関連記事】
エレカシ・宮本浩次 生放送ブチギレ事件の真相を語る「失礼なことしちゃった」
松本人志 「ワイドナ」初出演のエレカシ宮本浩次に辛辣発言「失敗」
マツコ・デラックス 華原朋美の「T・K」をめぐるトークに困惑「この話使える?」