【詳細】他の写真はこちら

超特急が、日本テレビ系情報番組『ZIP!』による恒例のライブイベント『ZIP!春フェス』に出演。3daysの初日、3月28日の大トリを務め、発売前の新曲「超ネバギバDANCE」を始めとするアッパーチューンと、進化した“ダサかっこいい”パフォーマンスで、満員のTOKYO DOME CITY HALLを熱狂させた。

名前がコールされるや、客席を埋め尽くすメンバーカラーのペンライトに迎えられ、ライブを幕開けたのは「超えてアバンチュール」。昨年10月に発売された最新アルバム『Dramatic Seven』の収録曲ながら、好きなモノへの愛を歌い上げるブッ飛んだパワー感で今や超特急の鉄板ソングとなったナンバーに、初っ端から場内のテンションはMAXへと駆け上がる。

加えて曲中の決め台詞はすべて「ZIP!春フェス!」に差し替えられ、隙あらば「ZIP!」ポーズを差し込んでくるのはさすが。続く「バッタマン」でも超特急ファンの呼称である「8号車!」を叫ぶ箇所で、今日の司会を務める桝・尾崎両アナウンサーの名前を叫んだり、ユースケは「スタジオゲストで踊りたい! ZIP愛してる!」と雄叫び。ちなみに本日の衣装も本フェスのために作った特注品で、それぞれのイメージカラーのパーカーに「ZIP!」の文字が入っており、昨年に引き続き2度目の出演&初のトリということもあってか、素晴らしい気合の入りようだ。

さらに、カイの「超特急らしい、カッコいいけど、ちょっとダサいような、が詰まってる曲」というMCに続いて、4月26日にリリースされるデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」を披露。「一緒に踊れるところがある」と振りつけ講座を経てスタートすれば、レトロとモダンを取り交ぜたエレクトロサウンドに、静と動のタメの利いたダンス、果てはユーキのバク転と見どころが満載で、“ダサかっこいい”を超越したカッコよさに一瞬も目が離せない。眩い光を投げかけるミラーボールや、宇宙空間を映し出す映像との相乗効果も抜群で、時代と空間を超えてゆくミラクルさに心が躍る。

そしてヒートアップするばかりのフロアに、これまた盛り上がり必至の鉄板チューン「Burn!」が投下されると、なんと途中で「ZIP!」おなじみのキャラクター・貝社員のアサリが登場! メンバーも貝のお面をつけてコラボユニット「貝特急」を結成し、共に「Burn!」を「ハイ! ハイ!」の掛け声の代わりに「貝! 貝!」で届けるが、曲が終わるとアサリからは「皆さんの貝社員の真似、文化祭レベルで楽しかったです!」とキツいひと言を贈られていた(笑)。ちなみにカイはアサリと“ツーカイ”なるコンビを組んで、本日の公演の前説も務めていたとのこと。今後の“ツーカイ”の活動にも期待したい。

最後の「Clap Our Hands!」では、クラップをホールに響かせる満場のオーディエンスに7人全員で曲中「ありがとう!」と感謝。ライブ後には以前に番組で披露したタカシの森山直太朗、それを顔真似するコーイチに、ユーキ&ユースケのサンシャイン池崎といったモノマネ大会や、「超ネバギバDANCE」のMV&アーティスト写真撮影を行ったロンドンでのお宝写真公開まで。盛りだくさんの内容にタクヤは「今年も満開の桜が咲きました」と語り、最後はリーダーのリョウガが「僕たち超特急、来年も出演します!」と宣言して、華やかにイベント初日の幕を締めくくった。

ニューシングル「超ネバギバDANCE」の発売後は、4月29日より超特急史上最大規模の全国ツアー『Trans NIPPON Express』の開催も決定している彼ら。チケットは続々完売と、勢いに乗る7人の超特急に乗車するなら今だ。

<セットリスト>

1. 超えてアバンチュール

2. バッタマン

3. 超ネバギバDANCE

4. Burn!

5. Clap Our Hands!

リリース情報



2017.02.15 ON SALE

Blu-ray「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism」

2017.04.26 ON SALE

SINGLE「超ネバギバDANCE」

ライブ情報



超SUPERフリーライブ@国立代々木競技場第二体育館〜Trans NIPPON Express 前前夜祭〜

04/27(木) 東京・国立代々木競技場第二体育館

Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Super Trans NIPPON Express」

06/14(水) 東京・日本武道館

超SUPERフリーライブの申し込み・詳細はこちら

http://emtg.jp/feature/bullettrain_free/

超特急 OFFICIAL WEBSITE

http://bullettrain.jp