【アウトドアから災害時まで役立つ】「車中泊」向きのクルマ5選

写真拡大 (全11枚)

普通のクルマでも車中泊を考慮したモデルも増えている

最近は泊りがけで遊びに行った際に宿泊代を浮かせるという目的だけでなく、楽しむという側面や、あっては欲しくないが、大地震などの災害の際のイザというときの居場所といった備えで車中泊がしやすいクルマへの注目が高まっている。

ミニバンなどであればシートをフルフラットにできるクルマも多く、それだけでも車中泊はしやすいが、今回はとくに車中泊に向いた特徴をもつクルマを5台選んでみた。

ホンダN BOX+

軽乗用車は前後シートがフルフラットになるクルマも多いので車中泊に使いやすいクルマは多いのだが、そのなかでも飛び抜けているのがN BOX+だ。もともとが車中泊を想定しているクルマだけに、後席を床下に収納し、前席をリクライニングして付属のボードを敷けば、大人2人でも寝られるフラットなスペースが現れる。

ここにマットを敷けば快適なベッドに早変わりだ。さらに便利なちょっとした物置きも多く、車中泊やアウトドアでの可能性や利便性を広げてくれるオプションパーツが豊富にそろっている点も魅力だ。

▲曠鵐澄Ε侫蝓璽鼻

N BOX+と同じコンセプトのコンパクトミニバン版といえるのがフリード+だ。N BOX+同様にボードを敷くと現れるフラットなスペースは大人2人が余裕で寝れる広さが確保されている。またN BOX+も同様だが、寝床に使うフラットなスペースの下には荷物が入るかなりの空間があるのも嬉しいポイントだ。

セダンでも車中泊に向きのクルマがある!

三菱デリカD:5

ミニバンは1列目と2列目、2列目と3列目、前者後者それぞれをフルフラットにできるクルマがほとんどなので、広さ以外は横並びに近い。その中でデリカD:5を挙げたのは厚みあるシートを使っている点を評価したためで、マットがなくても比較的快適に睡眠できる。

せ杏アウトランダーPHEV

アウトランダーPHEVは前後シートがフルフラットにならず、車中泊する場合には後席を倒してできたスペースを使うため、広さや寝やすさに秀でたところはないが、プラグインハイブリッドということで大容量のバッテリーの残量が多ければ、電気が使い放題という点を評価。パソコンはもちろん調理器具など、入浴ができれば家に近いような生活が可能だ。

ゥ肇茱拭Ε廛譽潺&アリオン/マークX

セダンは車中泊には適さないが、そのなかでこの3台は前後シートのフルフラットに加え、リヤシートのトランクスルー機能も備えており、セダンとしては望外に車中泊しやすいクルマといえる。