「失踪」とは「ある人が姿をくらまし、行方が分からなくなること」を意味するが、中国にはそれよりもっと恐ろしい「被失踪(失踪させられる)」という言葉があるのをご存じだろうか。「強制失踪」とも呼ばれ、人権活動家や人権弁護士が権力機関からある日突然拘束され、そのまま連れ去られることを言う (NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)

写真拡大

驚きの被失踪の実態

 「失踪」とは「ある人が姿をくらまし、行方が分からなくなること」を意味するが、中国にはそれよりもっと恐ろしい「被失踪(失踪させられる)」という言葉があるのをご存じだろうか。「強制失踪」とも呼ばれ、人権活動家や人権弁護士が権力機関からある日突然拘束され、そのまま連れ去られることを言う。残された家族らは必死になって行方を捜し、関係各所に問い合わせるが、見つかることはない。近年、中国ではこうした事件が多発しており、「被失踪」は「被旅游(旅行させられる)(訳注1)」や「被采訪(やらせインタビューを受けさせられる)」「被認罪(無実の罪を認めさせられる)」などと同様に、中国のネット上ではポピュラーな言葉となった。

 3月16日、河南省鄭州市の中級法院(裁判所)が、「被失踪」した趙素利さんの家族から出された行政訴訟を棄却した。趙さんは中国人権監察(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)理事長の秦永敏氏の妻だが、本人が何らかの政治的活動に携わっていたわけではない。つまり、夫が人権活動家だという理由だけで、当局から拘束された。

 2015年1月、秦永敏氏は「海外メディアからの取材の受け入れと執筆活動が多すぎる」との理由で当局から拘束され、その後「国家政権転覆扇動罪」の疑いで刑事拘留された。だが10日間の拘留期間が終わっても釈放されず、妻の趙素利さんまでも収監された。秦夫妻は15年1月から「失踪させられ」、2年経った今でも釈放されていない。

 15年3月30日より前に、秦夫妻は一緒に収監されたが、その後趙さんについては、国家安全保衛支隊(国保)によって連れ去られたきり、行方が分からなくなっている。家族は趙さんの行方について国保に問い合わせたが、「そのような人物はおらず、知らない」との回答が返ってきただけだった。

 中国人権監察秘書長の徐秦氏によると、家族と共にあらゆる手段を講じて趙さんの行方を捜し、違法な拘束を行った武漢公安局を告訴してもいる。徐さん自身もこの件に関し、これまでに3度拘束されており、「また来るなら暴力で対応するぞ」と武漢公安局の職員7〜8人に脅されている。またある時60〜70万元(約968〜1,130万円)の「沈黙料」と引き換え趙さんの行方調査を打ち切るよう徐さんを買収しようとしたという。

 秦夫妻失踪事件で中共政権が見せた手口は驚愕に値する。先ず秦氏に対し「国家政権転覆扇動罪」を適用し違法収監して、そして家族まで連座して、失踪者の行方を調査している者に対しては、今度は不当な拘束の事実を否定した上で、脅しと金の両面から調査を阻もうとする。事件をうやむやにするためなら、高額の口止め料を渡すこともいとわず、秦さん夫婦の居場所は決して外部に漏らさない。これが「被失踪」の実態である。

一国の政府が一人の人間を突然失踪させるなんてありえることでしょうか?

 

 広大な中国で、これまでどれくらいの中国人が「失踪させられた」のだろうか。人権派弁護士、人権活動家、反体制派の人物などが次々と「国家政権転覆扇動罪」の汚名を着せられ、弾圧されていった。

 11年8月、人権派弁護士・高智晟氏の「被失踪」中に、張鑒康弁護士は「高弁護士の現在置かれている状況こそが、『強制失踪』だ。高氏の家族や高氏を案じている人々のだれも、高氏の行方を突き止めることができない。これは違法な状態で、非常に非人道的な犯罪行為である。当局は人権派弁護士、ジャーナリスト、人権活動家らに対し強制失踪という措置を取っているが、これは非常に非文明的で野蛮な行為だ」と発言している。

 中国の著名人権弁護士・江天勇氏は昨年11月から100日間にわたり「失踪させられ」た後、国営メディアによる「被采訪(やらせインタビュー)」を強要された(訳注2)。だが、当局がそれでも家族に江氏の所在を明かすことを拒んだため、江氏の弁護士も家族も江天勇氏と接触することはできなかった。

 王全璋弁護士の場合は、15年に起きた弁護士大量拘束事件(709事件)で拘束されてから半年間「失踪させられ」、今でも違法に拘束されている。王氏の弁護士もこれまでに何度も脅され弁護の辞退を追い込まれた。現在、王氏は実質的には弁護権も剥奪されているほか、家族との面会も許されず、連絡を取ることもできない。

 王弁護士の妻、李文足さんは「一国の政府が一人の人間を突然失踪させるなんてありえることでしょうか? 何の説明もないのですよ? こんな残虐なことができるなんて! 強制失踪させられた人の妻子や両親、親戚や友人らもどれだけ傷ついていることか!」と怒りをあらわにしている。

 人権派弁護士の黄氏は、11年に当時の政法委書記、周永康がある社会治安の内部会議で次のような発言をしたことを明らかにしている。「法律は中国共産党が制定したものであり、中国共産党のためのものである。躊躇せず、後先の心配をせず、西側諸国の介入も恐れずに、危機感を持って、食うか食われるかの意識を持つことが求められる。責任は中央政府が取る」

深刻な存続危機に直面している中国共産党政権

 共産党政権が深刻な存続危機に直面している。こうした状況を打破するすべもなくなった今、当局には力で民衆を押さえつけるよりほかに残された手段がない。だが強制失踪者を増やせば増やすほど、当局のほころびが露呈する。

 「ある日のこと、『お母さん、どうしてお父さんは監獄に入れられているの?』と息子から尋ねられました。『お父さんはとても素晴らしい弁護士で、たくさんの人を助けていたから、化け物につかまってしまったの。この化け物はものすごく悪いやつで、お父さんが人助けをするのを嫌がっているのよ』。すると息子は『分かった。じゃあ僕はご飯をいっぱい食べて、よく寝て、強い子になって、お母さんと一緒に化け物をやっつける』と言うのです。私は息子に『あなたは素晴らしい子ね!』と言いました」

 これは王全璋弁護士の妻、李文足さんが話してくれたお子さんとのやりとりである。この子は正しい。恐怖で人々を屈服させることなどできない。当局の常軌を逸した暴力の裏側には、追い詰められたものの弱さが見え隠れしている。人々が力を合わせれば、中国共産党という化け物を必ず退治できるのだ。その時になって、ようやく真実を口にしても誰も「失踪させられ」ることのない、穏やかで平和な日々が中国に訪れるだろう。

 訳注1)「旅行させられる」:天安門事件のあった6月4日など、政治的に「敏感な日」とされる日の前後に、中国当局にとって好ましくない人物を、ある特定の地方に旅行の名目で移動させ、世間に影響を与えさせないようにさせること。

 訳注2)「やらせインタビュー」:当局はしばしば拷問などの手段により、拘束下にある人物を屈服させるとこうしたインタビューを行って、当局の意向に沿った発言をするよう強要する。その様子を国営メディアで報じることにより、大衆に影響を与えるとともに、その人物の名誉を傷つけ、他の人権弁護士や活動家に対する見せしめにする。

(翻訳編集・島津彰浩)