関ジャニ∞村上信五(35)扮する、自称ヒップホップ界の大物スター「タカツキング」が29日、都内ホテルで緊急記者会見に臨んだ。会見ではお菓子ブランドとコラボレーションプロジェクトを展開していくことを発表。新曲の製作にも意欲を示した。その模様を動画で公開した。

 タカツキングは、村上がMCを務める日本テレビ系『月曜から夜ふかし』の中で誕生したキャラクター。昨年11月には番組内で久保田利伸作詞・作曲の曲も公開している。

 29日早朝に、森永製菓『おっとっと』の特設サイトで緊急記者会見の予告動画が公開された。厳戒態勢のなか多くの報道関係者がお台場のホテル前で待ち構える模様が映し出され、契約したとされる大物スターが誰なのか、何が発表されるのか注目が集まっていた。

 そして特設サイトで動画公開された緊急記者会見の模様を放送。外国人SPに挟まれ姿を現したのは、自称ヒップホップ界の大物スター「タカツキング」。

 司会者から「森永製菓おっとっとは今年で35周年、タカツキングさんも35歳ということで、コラボレーションプロジェクトを展開していくこととなりました」と発表されると、タカツキングは首に巻いていたスーパーおっとっとネックレスを加えて、記者に向かってきめポーズ。

 早速、「おっとっと大使」に就任した経緯を聞かれたタカツキングは、“フィーリングコラボ”とぎこちない英語で回答。なんとなく意味が伝わった事を確認すると誇らしげにVサインを決めた。

 その後、具体的に何をやっていくのかと問われると、突然日本語に変わり「クール&ハッピーな新曲を作って全世界へお届けだよね!」と新曲製作にも意欲を示した。また、ある記者が「関ジャニ∞の村上さんですよね?」と質問。それに対して「NO!」と一蹴する場面も見られた。

 その後も、海外の記者から「おっとっとと、はとぽっぽどっちが好きですか?」と質問が飛んだり、ベテラン記者からギャラの質問があったりと記者会見は進行。

 最後に、「ファンの人へのメッセージを得意のラップでお願いします」と無茶振りされると、即興ラップでメッセージを伝えた。