新スーツはスゴい機能が盛りだくさん! (C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG.
All Rights Reserved.

写真拡大

 マーベルの人気ヒーロー、スパイダーマンの活躍を描く新作アクション「スパイダーマン ホームカミング」の最新予告編が、公開された。

 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で、マーベル・シネマティック・ユニバースに本格参戦を果たしたスパイダーマンを主人公にした新シリーズ第1弾。アベンジャーズ入りを熱望するヒーロー気取りの15歳の高校生ピーター・パーカーが、スパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘を描く。

 このほど公開された予告編では、ピーター(トム・ホランド)が憧れのアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)にもらった特製スーツでニューヨークの街を飛び回るが、なかなかヒーローらしい活躍はできず、さらに正体を知られてしまった親友にスーツを貸すなど初々しい姿が映し出される。トニーの忠告を無視して危険な敵バルチャーに挑んだピーターは、スーツを取り上げられてしまうが、大切な人たちを守るため戦い続ける。

 高校での日常風景や、トニーとの会話などユーモアたっぷりの場面から、真っ二つに裂けていくフェリーや墜落寸前の飛行機の上でのアクションシーンまで、スピード感あふれる仕上がりになっている。また、サイズ調整機能や胸元のクモのマークから飛び出すドローンのようなガジェットなど、トニーが開発したスーツの新機能も明らかになった。

 新たにスパイダーマンに起用された20歳の英俳優トム・ホランドは、同キャラクターの生みの親スタン・リーに「スパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材で、第英国アカデミー(BAFTA)賞で新人賞にあたるライジングスター賞を受賞した注目株。アイアンマン役をおなじみダウニー・Jrが演じるほか、敵・バルチャー役のマイケル・キートン(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)や、ピーターの叔母メイおばさん役のマリサ・トメイ(「レスラー」)らが脇を固める。

 「スパイダーマン ホームカミング」は8月11日公開。