© THE AGE APPLICATIONS

「キラキラネーム」ってありますよね。
漢字に変な読み方を当てたり、そもそも名前として成立していない響きのものだったりするアレです。
昔は「DQN(ドキュン)ネーム」と呼ばれていましたね。
(もう今の子にDQNが通じなさそう)

そんなキラキラネームを育てる放置ゲームが、『キラキラネーム牧場』です。
種をまいて放置すると、キラキラネームが生まれます。

何を言っているのかわからないと思いますが、そういうゲームなのでそれ以外に説明しようがありません。
とりあえず見てください。

種をまくとキラキラネームが生まれる

こちら、キラキラネームを育てる牧場です。
モコモコした部分をスワイプすると種をまけます。
種にはいくつか種類があり、生まれるキラキラネームと放置に必要な時間が変わってきます。


で、生まれたキラキラネームがこちら。
文字が生えていますね。種まきと同じくスワイプで収穫できます。
収穫したキラキラネームは、【アルバム】から確認できます。
さっそく見てみましょう。


「燃志」と書いて「もやし」。変な読み方ではないですが、「もやし」って響きが・・・。
「本気」と書いて「りある」。「マジ」じゃないんですね。


ちなみにキラキラネームを解説してくれる右下のおじいさんは、淀川寿限無と言います。
たぶん解説は「ハイ皆さん、こんばんは」から始まり「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・」で終わるんじゃないですかね。
分からない人はお父さんかお母さんに「むかしの日曜洋画劇場で映画を解説してたおじいちゃん知ってる?」と聞けばたぶん教えてくれると思います。


キラキラネームを収穫していくと、牧場のレベルがあがり、購入できる種の種類が増えていきます。
漢字6文字を超えるアホほど長いものや、ゲームに登場するキャラを模したものまで、日本には様々なキラキラネームが存在することを教えてくれますよ。


最後に、筆者が好きなキラキラネーム置いておきますね。
多くは語りませんが、男の人はみんな好きだと思います。