結婚がめんどくさい! 結婚が面倒な女の原因と対処法

写真拡大

好きな人と共同生活を送っていく結婚。一見、幸せなことばかりのように思えますが、手続きや段取りなど、「めんどくさい」こともしばしば……。そこで今回は、結婚が「めんどくさい」と思う女性の本音を調査。恋愛・婚活カウンセラーの小田都呼さんの意見から、結婚が「めんどくさい」と思う原因と対処法を探っていきます。

<目次>
■「結婚がめんどくさい女」の実態とは?
 ★「結婚がめんどくさい女」の割合って?
 ★未婚女性に聞いた! 結婚がめんどくさい理由5つ
■結婚は本当に面倒? 既婚女性が教えるメリットとデメリット
 ★既婚者に聞く! 結婚が「めんどくさい」と思った瞬間って?
 ★既婚女性が教える「結婚のメリット」3つ
 ★結局のところ、結婚してよかった? 既婚女性の本音
■「結婚がめんどくさい女」の原因と対処法
 ★めんどくさいけど結婚したい女の矛盾とは?
 ★結婚が「めんどくさい」と感じる根本的な原因って?
 ★「結婚がめんどくさい女」が結婚と向き合う方法
■まとめ

■「結婚がめんどくさい女」の実態とは?

みなさんは「結婚すること」に対して、めんどくさいと思う瞬間はありませんか? ここでは、結婚をめんどくさいと感じる未婚女性の実態を調べていきましょう。

★「結婚がめんどくさい女」の割合って?

結婚をめんどくさいと感じている女性はどの程度いるのでしょうか。まずは、未婚女性にこんな質問をしてみました。

Q.結婚が「めんどくさい」と思うことはありますか?

ある(67.9%)
ない(32.1%)
(※1)有効回答数296件

なんと「ある」という回答した女性は67.9%も! 多くの現代女性が結婚に対して後ろ向きなイメージを持っているようです。

★未婚女性に聞いた! 結婚がめんどくさい理由5つ

結婚がめんどくさいと思ったことのある201人の女性を対象に、なぜ結婚が面倒なのか、その理由を聞いてみました。(※1)

(1)ひとりのほうが気楽だから

・「ひとりでいるほうが気持ちが楽なので面倒だと思う」(32歳/通信/事務系専門職)

・「ひとりのほうが楽だし、他人と住むこと自体が面倒に思う」(33歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

(2)家事をしないといけないから

・「家事をすべてしないといけない。自分の自由な時間がなくなる」(31歳/その他/その他)

・「家事をしないといけない。一緒に住まないといけない」(25歳/生保・損保/営業職)

(3)自分の時間がなくなるから

・「自分の時間が持てないし、相手のことを考えないといけないから」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分の自由な時間が減って、自由が利かなくなるから」(29歳/その他/事務系専門職)

(4)他人と暮らすのがイヤだから

・「他人と暮らすことが自分にはたしてできるのか、どれだけ我慢が必要かなどを考えると、とてもめんどくさくなります」(32歳/その他/その他)

・「誰かと一緒に生活することに煩わしさを感じる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

(5)親戚付き合いが面倒

・「親戚付き合いをするのが面倒すぎてイヤだ」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「親族のごたごた。しきたりが面倒だと感じる」(26歳/医療・福祉/専門職)

◎結婚がめんどくさい理由まとめ

ひとりでの自由気ままな生活にどっぷり浸かってしまうと、誰かと一緒に生活するのは、かなり面倒に感じてしまうようですね。もちろん、結婚にはメリット・デメリットがあります。デメリットのほうが大きくなれば、「結婚は面倒なものだ」という認識になってしまうこともありそうです。。

■結婚は本当に面倒? 既婚女性が教えるメリットとデメリット

独身女性からすれば、結婚は面倒なものといった意見が多いようです。しかし、それは結婚の一面しか見ていないのかもしれませんね。実際の結婚がどうなのか、既婚女性に結婚生活の実態を聞いてみました。

★既婚者に聞く! 結婚が「めんどくさい」と思った瞬間って?

実際、結婚はどんな部分が面倒なのでしょうか? 既婚女性のみなさんに、結婚のどんなところがめんどくさいと感じたのか、過去を振り返ってもらいました。

Q.実際に結婚を進める上で、一番面倒だったことを教えてください。

第1位「結婚式の準備」(22.0%)
第2位「親・親戚への結婚報告」(21.0%)
第3位「結婚によって生じた人付き合い」(17.0%)
第4位「結婚書類の手続き」(15.4%)
第5位「引越し」(12.8%)
(※2)有効回答数305件。単数回答式、6位以下省略・その他除く

「結婚式の準備」が22.0%で第1位となっています。式場を決めたり、招待客の手配をしたり、たしかに面倒は多そうですね。では、気になるそれぞれの理由を見ていきましょう。

◆第1位「結婚式の準備」

・「元々そこまでやりたいわけではなかったので、呼ぶ人、招待状などのアイテム作成、予算管理まで義務感が強かった。やってよかったですが……」(33歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「結婚式の準備でとてもケンカをしたから。一緒に打ち合わせに行けたらよかったが夫が仕事で海外に行ったりして私が準備を進めていた。連絡も繋がらないし、私が決めたことに文句を言ってきたりしたから」(28歳/食品・飲料/その他)

◆第2位「親・親戚への結婚報告」

・「めったに会わない遠い親戚や、田舎の広い親戚付き合いで、大量の親族に披露宴であいさつしなければいけなかったので、面倒でした」(33歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「相手の親が面倒な人で、あいさつをした初対面の日の夜にもかかわらず、妊娠しているのに親戚のところへ連れまわされた」(25歳/その他/販売職・サービス系)

◆第3位「結婚によって生じた人付き合い」

・「相手の両親や兄弟、親戚との付き合いが出てきたのが大変。付き合いがでてくることはわかっていたけど予想以上にストレスになりそう」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「近所に身内がいたり、昔からの付き合いがあったり、顔を覚えたり長話に付き合ったりするのが面倒」(31歳/医療・福祉/専門職)

やはり結婚する際には「面倒なこと」「大変なこと」がつきもののようです。また、結婚することによって、親族を含め付き合いの幅が広がるのも、負担のひとつかもしれませんね。

★既婚女性が教える「結婚のメリット」3つ

既婚女性の本音を聞いてみても、結婚には面倒な一面があるようです。ですが、もちろんメリットがなければ、誰も結婚はしないですよね。ここではそのメリットを、既婚女性に聞いてみました。(※2)

(1)子どもができたこと

・「子どもがいること。2人でいたころも今となっては懐かしくて戻りたいなぁと思うときもあるけど、今は子どもと3人でいることが何よりも幸せだな〜。お母さんになれたことが何よりうれしい」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもが生まれて一緒に切磋琢磨しながら子育てをしていると、ちゃんとお父さんお母さんになってるなぁーと実感し、この人と結婚してよかった。と思う」(29歳/その他/その他)

(2)精神的に落ち着く

・「精神的安定、気持ちが独身のときより余裕ができて優しくなれた」(32歳/その他/その他)

・「精神的に落ち着いたし、両親に喜んでもらえた」(32歳/その他/その他)

(3)好きな人と毎日一緒にいられる

・「毎日一緒にいられること。短い時間でも毎日一緒にいられると幸せだから」(25歳/その他/その他)

・「毎日一緒にいられて、子どもの成長も一緒に見守れる」(34歳/その他/その他)

◎結婚のメリットまとめ

結婚の大きなメリットは、やはり家族の存在なのかもしれません。最初は2人から始まりますが、そこから家族も増えていき、その分幸せが何倍にも広がっていくのでしょう。

★結局のところ、結婚してよかった? 既婚女性の本音

メリットもデメリットもある結婚ですが、実際に結婚してよかった? 既婚女性の本音を最後に聞いてみました。

Q.メリットとデメリットを考えた上で、結局のところ結婚してよかったですか?

はい(85.9%)
いいえ(14.1%)
(※2)有効回答数305件

「はい」という回答が85.9%と、多くの女性が結婚してよかったと回答する結果に。メリットもデメリットもそれぞれありますが、それらを踏まえても結婚してよかったと思えるなら、素晴らしいことですよね。

■「結婚がめんどくさい女」の原因と対処法

「めんどくさい」と思うのは、結婚についての認識のせいなのかもしれません。では、一体どうすれば結婚を前向きに考えられるのか、女性の本音と、恋愛・婚活カウンセラーの小田都呼さんのアドバイスから紐解いていきましょう。

★めんどくさいけど結婚したい女の矛盾とは?

今は「めんどくさい」と考えていても、いつかは結婚したいと願う女性は少なくないはずです。結婚をめんどくさいと思っている201人の女性に、こんな質問を投げかけてみました。

Q.いつかは結婚したいと思いますか?

はい(83.1%)
いいえ(16.9%)
(※1)有効回答数201件

「はい」という回答が83.1%と、結婚は面倒だと思っていても、したくないわけではないようですね。結婚はしたいけど面倒、というのは、なかなか難しい問題。では、そんな女性たちが結婚と上手に向き合っていく方法とは?

★結婚が「めんどくさい」と感じる根本的な原因って?

結婚がめんどくさいものと思うのには何か原因があるはず。その根本的な部分について、恋愛・婚活カウンセラーの小田都呼さんに解説してもらいました。

「生活できるくらいの収入があり、まわりに女友だちもいて、仕事もそれなりの地位に就いている。このように、自分の生活のペースがすでにでき上がっている女性もいます。そんな女性が他人と生活する場合、自分が何かを妥協したり我慢したり、合わせたりすることにめんどくさいと感じるものです。

でも将来をしっかり見据えなくてはいません。ただ楽だからという今だけではなく、10年後20年後も、ひとりのままでいいのかしっかり受け止めてほしいですね」

★「結婚がめんどくさい女」が結婚と向き合う方法

結婚をめんどくさいと思っていても、結婚したければ、今からきちんと向き合う必要がありますよね。どうすれば、前向きに向き合うことができるのでしょうか。こちらも小田さんのアドバイスを聞いてみました。

「まずは女友だちとの時間を減らしてみてください。女子会を重ねても成長はありません。愚痴や不満ばかりを口にせず、新たな出会いを大切にしてみましょう。

また、親の喜ぶ顔を想像してみるのも効果的です。親として、子どもが家族を持つのは嬉しいこと。そして、あなたの両親が将来亡くなってしまったときに、自分にも家族がいることで支えにもなります。自分が年老いたときのことをしっかり見据えてみてはどうでしょうか」

■まとめ

最近は、結婚する年齢も高齢化し、独身生活を楽しんでいる女性も多いようです。また、女性たちがひとりでも生活していける経済力を持ったことで、「結婚は面倒」だと考える傾向が強くなっているのかもしれません。ですが、いつか結婚をしたいと願うなら、今から努力をはじめることが大切。自分の本当の気持ちと少しずつ向き合っていけるといいですね。

(監修:小田都呼、文:ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時2017年3月8日〜2017年3月10日
調査人数:296人(22歳〜34歳の未婚女性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時2017年3月8日〜2017年3月10日
調査人数:305人(22歳〜34歳の既婚女性)