2試合連続ゴールを決めた久保。右サイドの定位置を確保したか。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
 長谷部や今野、大迫に郄萩と怪我人の続出に悩まされながら、きっちりと勝点3獲得のノルマをこなした。僕は5-0と予想していたので、もう1点取ってくれたらよかったけど(笑)、この結果は素直に評価できるよ。
 
 ただ、内容には注文をつけたい。4-0で勝っているチームとは思えないような時間帯があったからね。自分たちのリズムが上手く作れなかったり、ミスが多かったり……。相手がタイだから失点につながらなかったけど、他のチームだったらやられていたと思う。
 
 一番気になったのは、パスワークが行き詰って相手にひっかけられる場面が多かったこと。こうしたミスが起きたのは、中盤の構成力の問題だ。無理に中盤を経由しようとして、パスカットされるシーンが目立った。選手の距離感が悪かったから、上手くパスが回らなかったんだ。
 
 であれば、サイドを使ったり、相手の最終ラインの裏を狙ったシンプルな攻撃をするべきだったと思う。単調なゲーム運びになるかもしれないけど、足下のパスワークを狙ってボールを奪いに来る相手に対しては有効だ。
 
 もしくは、最終ラインを下げてビルドアップすればよかったかもしれない。全体的にラインを上げてパスを回しているから、日本の中盤の選手がボールを持つのはハーフウェイラインを越えたあたり。ボランチと最終ラインの距離感が短すぎて、相手にプレッシャーをかけられると引っかかったり、慌ててパスを出して奪われたり、中途半端なプレーで相手に守備のリズムを掴ませてしまった。
 
 攻めに転じなきゃいけないという焦りからか、少しバタついていた部分があったよ。もっと自陣の深くの位置でボールを回し、相手を引き付けて誘い込んでいれば、余裕を持って攻撃できたはずだ。やっぱりミスが多かったのは、いつもやっている中盤のメンバーではなかった影響があったと思う。
 
 タイ戦の中盤の構成なら、ハッキリ仕事を決めるのもアリだった。単純に中盤を飛ばして相手の最終ラインの裏を狙えば、危ないミスは少なくなっただろう。もしくは、ボールを持てる倉田を投入したら違う形になったかもしれない。
 ただ、DF出身者としては、選手の気持ちも分かる。やっぱりビルドアップに対するプライドがあるから。闇雲に蹴っているばかりだと、違うことがやりたくなるのが選手の心情。ただ、それが悪い方向に働いて怖い時間があったのは問題だよ。
 
 そんななかでも、4点を取れたのは素晴らしかった。なかでも久保は抜群だったね。岡崎も原口も、立ち上がりからしっかりプレーしていたけど、久保の仕事はチームの大きな力になっていた。
 
 縦パスをきっちりと懐に収め、ドリブルで相手を引き付けてから、狙いを持ってクロスを上げる。アバウトではなく、きっちり中央の選手を確認してパスを出していたのは好印象だった。
 
 しかも、ゴールシーンも秀逸。日本の悪い流れを断ち切るように、ワンチャンスを決めきったんだ。
 
 サイドからスルッと中央に入ってきて、何気なくシュートを打つ。いつも自分がやっているプレーをするような顔をして、中央に入ってきた時に確実に仕留める。
 
 受け方も上手かったし、シュートも素晴らしかった。久保をフリーにした香川の動きも良かったし、融合・連動で点を取れたのは収穫だった。
 
 久保の台頭はチームにとって大きいよ。ちょっと前は原口が点を取ってチームを引っ張り、今度は久保が出てきた。若い力の活躍が、チームを活性化しているね。
 
 その意味で言えば、中盤の選手をもっと使ってほしかったところもある。倉田を入れたらどうなったか? そのあたりが見たかったな。