「うさんくさい男ランキング」バレちゃったあの人たちも…

写真拡大

 あなたの周りに“うさんくさい”人っていませんか? 華やかな経歴や大げさな肩書きを振り回したり、やたら羽振りがよかったりしても、言っていることが何かとうさんくさい。「この経歴はホントなの?」「この人は何で稼いでいるのか?」と思うような人でも、なぜか人の集まる場所に呼ばれたり、カワイイ女子が引っかかったり、メディアに露出したり…。

 そこで今回女子SPA!では、30代女性200人を対象に「うさんくさいなあ」と感じる人は誰かを調査しました。いや、あくまでイメージで、本当は立派な人かもしれませんが。

===============
「うさんくさい」「怪しげだ」と感じる人を下から選んでください(複数回答可)

10位 杉村太蔵 23%
7位 江原啓之 27.5%
7位 与沢翼 27.5%
7位 竹田恒泰 27.5%
6位 ゴージャス松野(松野行秀)  28.5%
5位 ショーンK 31%
4位 テレンス・リー 32%
===============

 10位から4位を見てみると、元◯◯と言った肩書を持つ人が多いように思います。例えば、10位の杉村太蔵は元政治家。小泉チルドレンとして政界入りするも1期のみで終了。今はバラエティで元政治家として登場、発言しています。でも国会議員だったのって、たった1期だけなんですよね。それでもすごいことですが。

 7位の与沢翼は、元ネオヒルズ族。一時期は秒速で億を稼ぐ男と言われましたが、2014年に破産。それまで以上に注目を集めました。今は何をしているかと思えば、ドバイに移住しているそうです。一体どうやって稼いでいるのか、うさんくささは健在です。

 6位のゴージャス松野は元芸能マネージャー。彼がマネージメントをしていた女優・沢田亜矢子と結婚していましたが、2001年に離婚。1997年から始まった泥沼離婚騒動は、ワイドショーをにぎわせました。なんとその後は整形までしてホストになったり、AV男優になったりと迷走。今はDDTのプロレスラーとして活動中。うさんくさくても、ここまであれこれ挑戦すれば立派!? ちなみに現在55歳とのことですが、プロレスラーらしく筋肉バッキバキの体をしておられます。

 もちろん元◯◯以外で「うさんくさい」と思われている人もいます。一時期、経歴詐称でワイドショーをにぎわせてくれたショーンKも5位にランクイン。まあ、「今、うさんくさい」というより「うさんくさいことがバレた人」なんですけどね。

 では、注目の3位から1位をチェックしてみましょう!

◆3位 堀江貴文 34.5%

 元ライブドア社長で、通称ホリエモンこと堀江貴文。与沢翼がネオヒルズ族なら、こちらは元祖ヒルズ族。プロ野球球団買収で時の人となり、2005年度の衆議院総選挙に出馬するなど、当時の台風の目でしたね。

 その後、証券取引法違反容疑で逮捕され、2011年から2013年まで刑務所に収監されていたことも。刑期満了のあとも、様々な事業や活動を展開。今でも3人に1人以上が「うさんくささ」を感じている一方、ツイッターフォロワーは250万人超など熱いファンも多いようです。

◆2位 大川隆法 35.5%

 千眼美子(本名・清水富美加)の騒動で注目を浴びた宗教団体・幸福の科学の総裁である大川隆法が2位にランクイン。あまり宗教に熱心ではない人が多い日本人にとって、新しい宗教はうさんくさく感じやすいものですが、今回の騒動でさらにうさんくささを増してしまったようです。しかも大川氏について調べると、元妻を突然悪魔にして、現妻である教団の若い女性と結婚したりと、わりとえぐい印象も。

◆1位 佐村河内守 46.5%

 作曲のゴーストライター問題で、仕事も信用も失った佐村河内守が堂々の1位。こちらも「うさんくさいことがバレた人」ですね。ロングヘアにサングラス、そしてひげがトレードマークでしたが、その出で立ちも「うさんくさい」と思われてしまった一因でしょうか。ゴーストライターだった新垣隆氏は、『ガキ使』にも出演し大活躍というのが、なんとも皮肉です。

 どんな経歴を並べたてても、うさんくさい雰囲気を持つ人はいるもの。せっかくなら、そのうさんくささを最大限に発揮して、人様に迷惑をかけない程度に話題をふりまいてほしいものです。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2017年3月17日〜3月18日
有効回答者数:30代女性200名

<TEXT/山田朝子>