HEY-SMITH

写真拡大

 管楽器を擁し、スカ、パンク、ハードコア、メタルを飲み込んだダイナミックでラウドなサウンドで、全国のライブハウスを沸騰させているHEY-SMITH。2006年の結成から全国で草の根のツアーを行ない、作品の力はもちろん、ライブ、ステージの力でファンを拡大してきた、文字通りライブバンドである。2014年9月にはボーカルとトランペットのメンバーが脱退し、活動休止となるも、2015年4月には新メンバーYUJI(Vo/Ba)が加入、そして新たにかなす(トロンボーン)、イイカワケン(トランペット)を迎えた新体制で、2016年5月に最新アルバム『STOP THE WAR』をリリースした。

 よりロックなタフさも加わった強靭なアルバムを携えて、47都道府県ツアーを行ない、ファイナル公演は結成10年にして初のワンマンを、地元・大阪の府民共済SUPER ARENAで完遂。インディーズレーベル所属で、全編英語詞のパンクバンドでありながら、作品をオリコンチャートに叩き込み、アリーナクラスの会場を熱いキッズで埋めることができる数少ないバンドのひとつである。

 また、どんなに会場の規模が大きくなっても、ライブへの向き合い方、壮絶とも言えるほど高いボルテージで豪速球を投げつけるステージは変わらずで、そんなところにもバンドの姿勢がうかがえる。今回ファイナル公演を収録した映像作品『MORE FREEDOM』のリリースを機に、HEY-SMITHの「ライブ」について、猪狩秀平(Gt/Vo)に話を聞いた。(吉羽さおり)

・「このタイミングはワンマンだって思っていた」

ーー3月29日には『STOP THE WAR TOUR』のツアーファイナル、地元・大阪の府民共済SUPER ARENA公演を収録したライブDVD/Blu-rayがリリースされます。まずは、新メンバーとなってのアルバム『STOP THE WAR』をリリース後、2016年6月からスタートした『STOP THE WAR TOUR』の47都道府県ツアーを振り返ってみていかがですか。

猪狩秀平(以下、猪狩):もう、忘れちゃったな(笑)。でも今は、終わってホッとしているという感じですかね。

ーー新メンバー3人が加わったバンド感はどうですか。

猪狩:いい意味で、そこまで干渉はしない。それぞれがそれぞれの時間を過ごしていることが多くて、飲む席はみんなで飲んだりとかで。移動の車では、一切話をしないんです(笑)。昔からですね。お酒の席とかでは、ひとつのテーブルでメンバーだけとかもあるし、それは楽しいんですけど。お互い干渉はしないですね。

ーーツアーファイナルのみワンマン公演で、しかも今回がHEY-SMITHにとって初のワンマンとなりました。映像を見ても、すごい光景ですよね。

猪狩:それは、嬉しかったですね。ワンマンやるのが初めてだったし、全部英語で、速い曲をやっているようなバンドが、アリーナでワンマンをするとかは、基本的にないもんやと思ってたから。

ーーそういうなかで、いつぐらいから大きな会場でもできるのではないかという実感や、手応えがありましたか。

猪狩:今回、アリーナを会場に選んだのは、大きなところでやっていこうという第一歩とかではなくて。ワンマンやったし、ライブハウスでいちばん大きなところだとZeppとか、なんばHatchとかSTUDIO COASTになると思うんですけど。もし、チケットが取れないとかで来れない人がいたらイヤやなと思って。これ以降、ワンマンをやる気が今のところ全然ないので。

ーーそうなんですか?

猪狩:それはずっと言っていて。最初で最後くらいの気持ちやったんで。だから、全員見に来れるような、デカイところでやろうと思って、アリーナを選んだんです。今後もっともっと大きいところで、どんどん広げていくんだという気持ちはそこまでないんです。やっぱり、ギターをジャーンって弾いてる感じとか、弦をどうはじいているかとかが、見えるくらいのところでやりたいっていう気持ちの方が強い。

ーー対バンでのライブを基本にしていくということですね。

猪狩:そっちの方が打ち上げが楽しいので(笑)。

ーーそこですか(笑)。ワンマンへのこだわりはなかったんですね。

猪狩:ないですね、あまりやりたくなかったし。でも、このタイミングはワンマンだって思っていたんですよね。新メンバーが入って初めてのツアーやし、あとは10周年やったので。そこはやりたかった。次やるとしたら、15年とか20年とか、そういうノリになると思いますね。

ーーHEY-SMITHとしてライブをはじめた時は、自分たちはどういうふうに進んでいきたいか、何かビジョンはあったのでしょうか。

猪狩:バンドをはじめた時から、前作のアルバム『NOW ALBUM』くらいまでのイメージがありました。こういうCDを出して、こうなるんじゃないかなっていうイメージは、すでにありましたね。

ーーそれが一旦、なくなってしまった。

猪狩:そうですね。前のメンバーが脱退するとなった時に、なくなりました。新しくメンバーが代わった時に、もう一回広がりましたけどね。

ーーメンバーが脱退するとなった時に、バンドも解散してしまうかもしれないという話は、インタビューでも話していましたね。でも、周りのバンドたちはそれを止めてくれたんだと。

猪狩:結構、無理やり止めてくれて、引っ張り出すようなこともしてくれたし。ふと考えたら、バンド以外にやりたいこともあんまりなかったし。休止して何カ月か飲んだくれていたんですけど、全然おいしくなかったし、暇やったんですよね。お酒とかご飯とか好きやのに、全然楽しめていなくて。そういうことがめっちゃあって。もう一回、バンドをやりたいなとなったんです。

ーー活動休止している間は、どう過ごしていたんですか。

猪狩:めっちゃライブに行ってました。でも、情緒不安定な子みたいで、行ったら泣きそうになっちゃう感じですよね。バンドがポジティブなメッセージを言ってくれるじゃないですか。そういうのを目の当たりにした時に、「ああ、こういうふうに人に響いてるんや」って、その時思いました。バンドをやってる時は、他の人が言ってることも、ふーんって思っていたんです。別に、そんなに響かなかったんですよね。「この人は、こういう考え方やねんな」、「この人は、そういう生き様やねんな」って、普通に見てたけど。それがやたら、グサっと入るようになっていて。こうやってみんなライブ見てるんかなと思うと、余計にまたグサっとくるみたいな。

ーーそれでもう一回、やろうという気持ちにもさせてくれたり。

猪狩:休止して最初に見たのが、THE BONEZのライブやったんじゃないですかね。その時まだTHE BONEZをはじめたてで、PTP(Pay money To my Pain)からの流れがあったり、JESSEも当時はRIZEが結構ぐちゃぐちゃやったから。そういうのを見ていて、今こうやってステージに立っているバンドを見ると、俺もできるかもしれないとか思ったりして。かなり、勇気もらったライブではありましたね。

・「キープしたいと、一瞬でも思った自分が気持ち悪かった」

ーーそれぞれのドラマが見えたわけですね。自分のバンドに危機があったり、そういう波がやってくるというのは、あまり考えていなかったことでしたか。

猪狩:解散とか、休止していたバンドも周りにいたんですけど、自分がそうなるとは思ってなかった。ほんまにしんどいことなんやなと。前のメンバーが精神的に崩れちゃって、バンドがおかしいなって思いはじめてから休止するまでは、かなりしんどかったですね。

ーーその経験というのは、今のライブに活きているんですか。

猪狩:どうなのかな。具合的にはわかりません。あると思うけど、それを踏まえてこうしてるというのはあまりないかもしれない。

ーーMCでもよく、自分たちのためにやっているんだということを言っていますね。それは、活動当初から変わらない気持ちですか。

猪狩:そうですね。正直な話、一回、ブレかけたんですけどね。最初は自分のためだけというより、お客さん0人で、対バン相手しか見てないこともあったから、誰かのためもクソもないですからね(笑)。まず自分のためでしかないから、「かっこいいやろ? 誰か気づいて」からスタートしているので。誰かのためにというのが、最初はまったくなかったんです。段々とお客さんが来てくれるようになって、何百人とかいう単位の人が来てくれるようになると、一瞬それを守りたくなったんです。売れるために曲を書いて、キープするために曲を書きにいった“瞬間”があったんです。ほんの一瞬ですけどね。でもその時、この状態をキープしたいと、一瞬でも思った自分が気持ち悪くて。いやいや自分のためやろってなってからは、ずっとそうですね。いつもよりちやほやされて、それを手放したくないなと思った時期が、ちょっとだけありました。

ーーみんなのために、って思っちゃうような。

猪狩:そう。そんなタイプでもないのに(笑)。

ーーバンドのスケールが大きくなっていくと、MCもより大勢に向けて、外に向かってするようになるし、曲も外に向けていくようになるしというのは、たくさん見て来ていると思うんです。それは自分たちでは違うなと。

猪狩:誰とは言わないですけど、ライブのMCが、この会場の先にいる人に喋っているような人もいるなと思って。その会場にいた人が、SNSで「こんなことをMCで言ってた」と書くことが想定された、みんな用のMCとかメッセージというかね。そういうのってわかるんですよね。響かないし。そうはならんとこうっていうのはある。

ーー自分自身が見てきた、かっこいいなと思うバンドたちの影響は、このバンドでのライブにも影響していますか。

猪狩:俺らの憧れの人がどういう感覚でやってるのかは知らないけど、でも勝手に影響を受けていると思いますね。こっちに向かってたくさん言葉を喋ってくる人って、あまり昔いなかったというか。今は、曲よりもMC聞きに来ている人も多分いると思うんですよね。昔は、バンドやったらメンバー同士、ギターとベースが喋って曲にいくみたいのが、よくあったんですよね。そういうバンドで楽しいことをやっているから、それを見にきてっていうスタンスはかなりもらっていると思います。

ーー猪狩さんが、これは影響を受けたなとか、今の指針になっているのはどんなバンドでしょうか。

猪狩:NOFXですね。

ーーNOFXは、それこそ内輪受けのMCを繰り広げているバンドですね(笑)。

猪狩:ほんましょーもないことを、ずっとメンバーで喋ってるじゃないですか。ジャーンって曲が終わって、「昨日行ったSMパーティはこんなので」、「まじかよ」、「おい、その話やめろよ」とか。ドラムがハイ、ハイ、ハイいくよって、はじめるみたいな。ああいうのが見ていて楽しいんですよね。Hi-STANDARDも結構、難波さんと健さんとが、喋るんですよね。あまり、こっちに向けては喋ってないんです。「こんなことあったよね、健くん」、「そうだね。やっぱこうだからね、あは」みたいな。その感じが好き。

ーーそういったものが、今のHEY-SMITHのライブの形になってる。

猪狩:そうかもしれないですね。本来、別にMCなくてもいいくらいで。これからもっと少なくなっていくかもしれない(笑)。そうしていこうと思ってる。

・「理由がはっきりしてないと気持ちが入らない」

ーーこの『STOP THE WAR TOUR』でもさまざまなバンドと対バンをしてきましたが、一緒にやってみたいバンドはどういう基準で選んでいますか。

猪狩:全部、俺が選ぶんですけど。打ち上げとかでお酒飲んで楽しかったやつか、かっこいい人間やったやつ。だいたい、飲んだらわかるので。それか、ライブを見てライブがかっこよかった人。音楽はあまり審査基準に入ってなくて、ライブがかっこいいかどうかですね。

ーーということで、かなりたくさんライブも見ている。

猪狩:行きますね。暇やったら週5回くらいライブハウス行ってます。「これ、かっこいいらしいで」っていう、言ってる本人が見たこともないけど、「かっこいいらしい」というバンドでも見に行ってみる。ほんまに、普通にチケット代払って、ドリンクもらって飲みながら見て、2、3曲見てかっこよくないやん、帰ろうとか(笑)。普通のライブキッズと一緒です。かっこよくなかったら、ライブハウス出てその足で、渋谷とかやったら近くでどんなライブやってるか調べて、行ってみるとか。

ーーそこで、かっこよければ声をかけたりするんですね。

猪狩:そう、かっこよかったですって言いに行くだけ。

ーー「え、猪狩さんだ」ってなりません?

猪狩:なるときもあるし、ならないときもあるしで。それで対バンで呼ぶこともありますね。結構前の話ですけど、OLEDICKFOGGYとかENTHはそうやったと思います。今回のツアーでは予定が合わずにダメでしたけど、ハードコアのバンドでVIVISICKも、めっちゃかっこよかったですね。

ーーいろんなイベントやツアーのお誘いを受けるときはどうですか。

猪狩:理由がいちばん大事になります。こういうところで、こういうのを見て、こう思ったからやりたいんだとか。それがいちばん大事ですね。関係性が大事。日にちと日程と対バンだけ送ってくるイベンターとかいるんですよ。で、これ何のイベントなん? っていう。お客さん入りそうやけど、誰のために、誰がやるの? っていう。そこが、はっきりしてないとイヤなんですよ。気持ちが入らない。

ーーそういう話を聞くと、いかにライブを大事にしてきたがわかりますね。

猪狩:高校とか、中学校くらいからライブハウスに行っていたので、普通になっているんです。有名なアーティストとかに、ライブを見に行ってCDを渡したり、何度も来日していて出待ちも入り待ちもしてるのに会えないとかやったらもう、ステージにCD投げてましたもん。外タレとかはとくに。ライブ後にCDを振って「もらってー」とかやるけど、もらってくれないから投げつけてた(笑)。

ーーそれで繋がったこともありましたか。

猪狩:あるあるある。それこそNOFXにも投げたことあるな。3月に初めて一緒にやるんですけど……まあ、それきっかけじゃないと思いますけどね(笑)。Kottonmouth Kingsも、そんなんやった気がするな。確か、それでライブ見に行かせてもらった気がする。NOFXは、〈FAT WRECK CHORDS〉にCDを送ったこともあるし、返事が返ってきたこともある。そういうのは全然やってる感じです。みんなと一緒です。

ーーそれくらいの熱意は必要なんですね。

猪狩:全員やってると思いますよ、これは。やってない奴は、大人が動かしてる感じがあるかもしれないですけど、長持ちしないですからね。大人のやる気がなくなったら終わりなので。大人はね、採算取れなくなったらやる気がなくなるから。

ーー2012年にスタートした、SiMとcoldrainとHEY-SMITHとの『TRIPLE AXE TOUR』が今年も開催されましたが、この3バンドは今ともにいい状況になっていますね。ツアーをはじめた頃も、大きくなっていこうという気持ちが強かった3バンドだったんですか。

猪狩:そうですね。いちばん最初は、6バンドくらいで回るかみたいな感じだったんです。2010年くらいに『京都大作戦』の牛若の舞台に出てたやつらが、メインで出ているバンドや他の出演バンドよりも、絶対俺らの方がかっこいいってなって。coldrainとSiMと俺らと、EGG BRAINとNUBOとSHANKかな。それで、俺らでなんかしようってなったのがはじまりで。最初から1カ月くらいのツアーをやろうとしていたから、なかなか予定が合わなかったり。ただの対バンじゃなく、ちゃんと名前をつけたツアーじゃないとダメだっていうので、最後まで、スケジュールがガチッとあったのが、SiMとcoldrainとHEY-SMITHだったんです。1年目はそうやったと思う。全員やる気はありましたよ。

ーーそれで1年目をやって、手応えもあったんですね。

猪狩:めっちゃありましたね。こんなところ売り切れる? っていう場所も売り切れたり。ファイナルが赤坂BLITZやったんですけど、当時はみんなO-WESTとかも埋められてなかったと思うから、BLITZいける? っていう感じやったんですよ。でも3バンドが集まったことで、ぐいっと注目が上がって。チケットの先行予約で、キャパを大幅に超える応募が来て。とくにSiMは状況も変わってどうすんの、ほんまっていうところだったんですよね。それでツアー直前に、「KiLLiNG ME」が入ったアルバム『SEEDS OF HOPE』が出て。それでいい感じになって。

ーー今では人気のツアーになってますし、みんなチケットが取りづらいバンドにもなってます。HEY-SMITHにしても、こうして、アリーナという会場でライブをやるまでになったのは、何が大きかったと思いますか。

猪狩:あまりそこまでぐっと広がってないんですよね、HEYは。SiMはぐっと広がったかもしれないですけど、俺らはすっごいゆるい階段を上がっている感じで。口コミで、あれいいらしいでってみんなが言ってくれたとかあるんじゃないですか。

ーーライブを見てくれた人の、気持ちだったり評価があってのことだと。

猪狩:決定的な曲とか決定的なステージがあったとかではないと思う。なんか気づいたら、ずっとおるなみたいな感じやと思うんですけどね(笑)。

ーーフェスでも大きなステージを任されたりと、英語詞のバンドでパンクバンドで、インディーズのバンドでここまでできるって、すごく夢がある話ですよね。

猪狩:それはほんまそうやと思います。夢があるなと思う。同じメンツのフェスいっぱいあるじゃないですか。またこの会社の人出てるなっていう。なんでこいつが出れるんだ? とかあるじゃないですか。そういうなかで、ポンと出れることも多いので。ありがたいですよね。

ーー夢があるところもっと見せていかなといけないんじゃないですか。

猪狩:いやあ、そんな使命感はしんどいので(笑)。気楽にやりますけど。

(取材・文=吉羽さおり)