2016年10月に登場したスバル・インプレッサが採用しているのが、次世代スバルの基礎と言えるスバルグローバルプラットフォーム(以下SGP)です。このSGPのひと世代前となるプラットフォームを初めて搭載したのが、1989年に登場し、日本国内にステーションワゴンブームを巻き起こした初代スバル・レガシィです。

1

スバル・レオーネの後継車として開発中だったレガシィセダンRSにより、アメリカ・アリゾナ州のフェニックスのテストコースで、10万km耐久走行における走行平均速度223.345km/hという当時の国際記録を樹立。その2日後に発表されました。

4ドアセダンとステーションワゴンの2つのボディタイプが用意され、レガシィの登場によって従来のライトバンがステーションワゴンへと進化し、日本に根付いたのは歴史が証明しています。

初代レガシィが搭載するエンジンは、デビュー時は1.8L水平対向4気筒SOHC、2L水平対向4気筒DOHCそして2L水平対向4気筒DOHCターボの3種類。中でもスポーツモデルであるセダンのRSに搭載されていた2Lターボをディチューンして採用したツーリングワゴンGTの登場がレガシィの地位を不動のものとしました。

その結果、トヨタ・カルディナや日産ステージアなどライバル車は存在していましたが、レガシィの牙城を崩すことができず生産終了となりました。

モータースポーツを管轄するSTIがチューンしたモデルをはじめ、モデル末期には輸出仕様の2.2L水平対向4気筒SOHCエンジンを搭載したブライトンが追加されるなど、充実したラインアップを誇っていました。

また、レガシィはデビュー翌年の1990年にセダンRSで世界ラリー選手権(WRC)にプロドライブとパートナーシップを結んで参戦。1993年のニュージーランドラリーでコリン・マクレーがレガシィによる最初で最後の優勝を飾りました。

(萩原文博)

ステーションワゴン人気を巻き起こした、スバル・レガシィ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】(http://clicccar.com/2017/03/29/458099/)