DNCE単独公演で"紙吹雪"ならぬ"ドル吹雪"!? ティーンズ・フェスにサプライズ出演も

写真拡大

 元ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナス(Vo)率いるDNCEが3月27日、自身初となる日本での単独公演を東京・品川ステラボールにて開催した。

DNCE 単独公演写真(全4枚)

 約75分にわたったライヴでは、「トウキョウ、サイコー!」「ニホン、アイシテル!」といった日本語で観客とのコミュニケーションを繰り広げつつ、「歯ブラシのうた」では観客のスマートフォンから照らされるライトが会場全体に広がったり、「ペイ・マイ・レント」ではメンバーの顔がプリントされたドル札で"紙吹雪"ならぬ"ドル吹雪"が行われ、会場は大きな盛り上がりを見せた。ステージの最後には、ヒット・シングル「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」を披露するとその日一番の歓声が上がり、記念すべき初の来日公演はクライマックスを迎えた。

 また、28日には千葉・幕張メッセで行われた大型イベント【超十代 - ULTRA TEENS FES - 2017@TOKYO】にスペシャル・ゲストとして出演。10代の女性を中心に、会場に集まった1万人を超える観客の前でパフォーマンスを披露した。

 今回で2回目の開催となる【超十代 - ULTRA TEENS FES -】は、十代の“やってみたい・見てみたい・触れてみたい”を実現させる体験型ティーンズ・フェス。ファッション・ショー、ビューティー、ライブ、スケートボード、ダンス、アート、セミナーなど、ティーンズの為のスペシャル・コンテンツが満載のイベントとなっている。サプライズ・ゲストとして開催前日に出演が発表されたDNCEがステージに登場すると、会場に集まった十代のファンからは大歓声が上がり、「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」「歯ブラシのうた」など全3曲を披露した。

 DNCEは3月25日、26日に【POPSPRING 2017】のステージに登場し、25日には代々木第一体育館で行われた【第24回東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER】にもシークレット・ゲストとして出演。4日連続で5ステージのイベント出演をこなしたことになる。

Photo by Yoshifumi Shimizu