仕事の成果を上げるために必要なこととは何でしょうか。根性で頑張る、数をこなす、気持ちが大事など、思うことは人それぞれだとは思いますが、そもそも自分の仕事の能率を上げることができたなら、仕事の成果も上がるとは思いませんか?仕事の能率がそう簡単に上がれば苦労はしないんだよと聞こえてきそうではありますが、それがあるのです。というわけで、今日から誰でもできる、仕事の能率を上げる4つの習慣について紹介したいと思います。

習慣1 毎日魚を食べる

毎日魚を食べることで仕事の能率を上げることができます。魚を食べると頭が良くなるという話は聞いたことがあると思いますが、これは魚に含まれる脂肪酸EPA・DHAが脳の血流をサラサラにしてくれることから、脳の働きが活性化され、結果的に頭の回転が良くなるというわけです。いつも思考がクリアで回転の良い状態は、間違いなく仕事の能率上昇の見方となってくれることでしょう。

習慣2 毎朝ランニングを行う

毎朝ランニングを行うことで仕事の能率を上げることができます。ランニングは脳神経をつかさどる自律神経の働きを活性化してくれるため、身体的にも頭脳的にもより高いパフォーマンスが発揮できるようになります。おまけにストレス耐性も高くなる上、ダイエット・シェイプアップにも効果的です。更に朝にランニングを行うことで、身体機能がアップした状態で1日を迎えることができます。仕事の能率を上げるだけでなく毎日精力的に活動したいのであれば、毎朝ランニングを実践することをおすすめします。

習慣3 他人と対面で会話をする

なるべく頻繁に他人と、対面で会話することで仕事の能率を上げることができます。頭の頭脳的パフォーマンスをつかさどる前頭葉。この前頭葉は、他人との会話によって活性化されるといわれています。更に、電話などではなく相手を前にする対面での会話を行うことで、より前頭葉が活性化されるといわれています。確かに対面で会話する際というのは、良い意味でも悪い意味でも頭を使いますよね。

習慣4 十分な睡眠をとる

これは前提条件とも言えるものですが、十分な睡眠です。人の脳では、睡眠時に記録の整理、ストレス解消、各器官の調整など、いわゆる脳の最適化が行われているのです。ところがこの睡眠が不足すると、脳神経が万全な状態を維持できないので、身体的・頭脳的パフォーマンスがみるみる下がっていきます。全ての機能の維持・向上には、睡眠が絶対に欠かせないことを覚えておきましょう。上記に挙げたものを毎日実践するだけで、仕事の能率を上げることもできますし、何よりも精力的で活動的な毎日を送ることができます。仕事をもっと効率的にこなしたいというあなたは実践してみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部