日本代表の久保裕也【写真:田中伸弥】

写真拡大

 28日に2018年ロシアW杯アジア最終予選の試合が行われ、日本代表はホームでタイ代表と対戦し4-0の勝利をおさめた。この試合で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保裕也をタイ紙『ブリーラム・タイムス』が称賛している。

 同紙はタイトルに「勇敢なタイ代表、久保が見せた”マスタークラス”のサッカーにやられた」とつけた。冒頭の部分では「タイ代表は決して下を向く必要はない。時には日本代表に考える時間をたくさん与えた」と、完敗したもののタイ代表に一定の評価を与えている。

 しかし、一方で「優秀な功績を挙げた久保を抑える答えは見つからなかった」とし「日本には欧州でプレーする選手が数人いる。タイプレミアリーグの基準の選手が本当にビッグな相手と争うためには、必然的に改善する必要があるだろう」と、もっと海外でプレーする選手を増やすべきとも指摘している。今でこそ国内リーグでプレーする選手が多いものの、将来的には日本と同じく海外でプレーする選手が増えるかもしれない。

text by 編集部