28日、韓国・ニュース1によると、韓国の朴槿恵前大統領に対する検察の逮捕状請求を受け、ソウル・三成洞の朴氏自宅前では再び支持者らによる騒動が相次いでいる。写真は朴槿恵氏への逮捕状請求を伝える日本の新聞売り場。

写真拡大

2017年3月28日、韓国・ニュース1によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する検察の逮捕状請求を受け、ソウル・三成洞(サムソンドン)の朴氏自宅前では再び支持者らによる騒動が相次いでいる。

同日午後3時ごろには朴氏宅近くの路地に全裸の中年男性が現れ、「おれは鄭道令(チョンドリョン)だ」と叫び、朴氏宅に向かって走り出したところを警察に逮捕された。鄭道令は朝鮮時代以降民間に広まった予言書「鄭鑑録(チョンカムロク)」に登場する架空の人物で、朝鮮王朝の後を継いで王国を建てるとされている。

警察の調べに対し、男(50)は「神から多くの人々を救いなさいというメッセージを聞いた。裸を見せれば人々を救える」と話したという。精神科の通院歴があるというこの男は、今月20日午後にも同様の騒動を起こし、公然わいせつの疑いで書類送検されていた。

同日午前11時20分ごろにも、65歳の男がれんがを手に取材陣に迫るなどして暴行容疑で現行犯逮捕された。警察関係者は「男が所持していたかばんの中にはまた別の赤れんがが入っていた。二つのれんがはすべて現場で拾ったものとみられる」と明らかにしている。

朴氏宅前では、支持者らが大統領罷免に抗議し徹夜での座り込みを行うなど朴氏の「帰宅」直後にさまざまな騒ぎが起こっていた。再び起こったこうした騒動を受け、韓国のネットユーザーからは「全国のあぶれ者があそこに押し寄せてるようだ」「ああいうやつらは早く拘置所に入れてほしい」と騒動を非難するコメントや、「近所には小学校もあるし保護者が心配しそう」「ご近所さんは不安に感じていることだろう」と近隣への影響を心配するコメントなど、2000件以上のコメントが寄せられている。

中には「三成洞の地価も下がりそうだね」「最近の三成洞の様子はお笑い番組を超えてる」「実に笑える国だな」と皮肉を込めたコメントも数多くみられた。(翻訳・編集/松村)