「働かない旦那」の心理と対処法〜離婚をすべきタイミングとは?〜

写真拡大

「働かない旦那と離婚すべきか」「働かない旦那を働かせたい」――。あなたは今、旦那が働かなくて悩んでいませんか? 結婚もして子どももいるのに、どうして働かない男性がいるのでしょうか。今回は「働かない旦那」の心理とその対処法について、専門家の解説とアドバイスを紹介します。

<目次>
■「働かない旦那」の心理3つ
■「働かない旦那」を働かせるには? 対処法3つ
■「働かない旦那」に見切りをつけるべきタイミングとは?
■まとめ

■「働かない旦那」の心理3つ

まず「働かない旦那をどうにかしたい」と行動する前に、知っておきたいのが彼らの心理でしょう。精神科医の森若奈先生に「働かない旦那」の心理について解説していただきました。

心理1 :「働く」ことに幸せを見いだせない

社会や価値観が多様化し、「幸せ」の定義が個人によって様々になりました。朝早くから夜遅くまで……自分の多くの時間を犠牲にしてまで、お金を稼ぐことや昇進することよりも、家族と一緒に過ごす方が幸せだと考える人が増えています。親の遺産がありお金に困っていない場合や奥さんが高給取りといった場合、働くことに幸せを感じない男性は顕著です。実際に「主夫」になりたいと考える男性も多くいます。

心理2:プライドが高く、妥協できない

プライドが高いため、働きたくても自分が働くに値する仕事がない、自分の良さはここでは発揮できないなどと、なかなか就職先を見つけられないタイプもいます。このタイプの男性は、自分には能力があるのに発揮できる場所や仕事がないと思っており、それを他人(社会や会社)のせいにする傾向があります。また、他者との関係を築くのが苦手なため、仕事から逃げている場合もあります。

心理3:「楽」に慣れてしまった

人間は一度働かない生活を味わうと、ストレスフルな社会に出てまで頑張ろうという気がなくなってしまいます。また、国民の収入格差は広がってはいるものの、日本には最低限の生活を保証してくれる国の制度があります。そういったことも男性が「働かない」理由と考えられるでしょう。

■「働かない旦那」を働かせるには? 対処法3つ

働かない旦那の心理が分かったところで、次に具体的に働かせるための対処法について見ていきましょう。引続き森若奈先生にお答えいただきました。

対処法1:とにかく話す

まずは旦那さんの話を聞いて、どんな気持ちなのか、今後どうしたいのかなど話す場を作りましょう。その際はご自身の気持ちも必ず伝えるように。子供がいる場合には、仕事をしないで家にいることで、子供にどんな悪影響が出ているかを伝え理解してもらいましょう。子供が物事を理解できる年齢であり、父親に対して不満を持っているようなら、親子で話し合っても◎。話し合う際は、家族として協力やサポートはする、といった姿勢を見せましょう。

対処法2:第三者に相談する

自分たち家族ではいい解決策が浮かばない場合、旦那さんを知る第三者(親戚や旦那さんの友人、前の会社の人など)に、どうすればいいか相談してみるのも手です。家族の知らない旦那さんの一面を知り、妙案が出る可能性があります。

対処法3:少し離れてみる

一度距離をとって、旦那さんにじっくり考えてもらう方法もあります。家族を無くすかもしれない……そうした状況になって事態の深刻さに気付く人もいます。家族がどう思い、何を望んでいるのか。そして自分はどうすべきか。離れることで本人に考える機会を与えます。

■「働かない旦那」に見切りをつけるべきタイミングとは?

先ほどお伝えした対処法を試しても、「旦那が改善されない……」といったケースもあるでしょう。ではそうなった場合、もう離婚するしかないのでしょうか? 「働かない旦那」に見切りをつけるべきタイミングについて森若奈先生に聞いてみました。

森先生:
旦那さんがなぜ働かないのか。考えや気持ちを聞いてみて、あなたが全く理解出来ない場合はこのまま結婚生活を続けるか考え直したほうがいいでしょう。相手の意見があまりにも非常識な場合は弁護士へ、病気が疑われる場合は病院や役所に相談を。共感できる部分があるのなら、今後どうするのか具体的な話し合いをしましょう。

問題解決に当たって、旦那さまだけに押し付けるのはNGです。家族の問題として捉え、サポートしていくのがベストですが、家族の手に負えない場合は、周りの人に協力を仰ぎましょう。第三者が介入することで、柔軟に事が進む場合もあります。重要なのは「期限」を決めて取り組むこと。これなら旦那さんにもできそうだという目標設定を短期間に設定して、1つ1つクリアさせていきましょう。一緒に決めたことが出来なければ、離婚に踏み切っていいと思います。

■まとめ

「働かない旦那」の心理と対処法について紹介してきました。いかがでしたか? 「旦那はなぜ働いてくれないのだろう」「旦那に働いてほしい」とお悩みの人はぜひ、こちらで紹介した方法を実践してみてくださいね。旦那さんが働かないのは家族の問題です。責任を押し付け合うのではなく、支え合い乗り越えようという気持ちは忘れずに。

(監修・文/森若奈)

※画像はイメージです