1ゴール2アシストの活躍で勝利に貢献した久保裕也 タイに4-0で勝利した日本。しかし、両リームの身体能力が入れ替われば、結果は逆だった。タイにもう少し身体能力があれば、球際の強さがあれば、日本ゴールに蹴り込む力があれば、日本は敗れていた可能性が高い――と言いたくなるほど、日本は好ましくないサッカーを展開した。思わず応援したくなるラブリーなサッカーをしたのはタイ。その清々しいプレーぶりが目立った試合だった。

 日本はひと頃より確実に弱くなっている。それは前戦のUAE戦でも抱いた印象だ。2-0で勝利を収めたにもかかわらず、強いとは言えないサッカーを繰り広げた。UAEに実力で急接近されたという事実を認め、ならばどうすると、”強者風”を吹かさず、謙虚な姿勢で”弱者のサッカー”に徹したことが勝利に繋がった。

 タイ相手にはそれができなかった。格上意識を前面に押し出し、横綱相撲を取ろうとした。しかしそれができるほど、いまの日本は巧くない。タイもかつてのように下手ではない。サッカーには「巧い選手は巧いプレーに弱い」という格言があるが、巧いつもりでいる日本は、タイの技巧を目の当たりにして焦った。やりにくそうな雰囲気は、開始8分に香川真司の先制ゴールが決まっても、20分に岡崎慎司の彼らしいヘディングシュートが決まっても、消えることがなかった。

 25分、中盤でフリーになりながら左足のインサイドで蹴った横パスをミスしたのは香川。彼はその直前にも前線に送ったパスを引っかけられていた。酒井宏樹、森重真人にもミスが出る。吉田麻也も危なっかしい姿をさらけ出す。長友佑都に至っては、積極的にプレーに関わろうとしていないようにさえ見えた。

 とりわけ、真ん中より後方で危ういプレーが連続した。

 守備的MFの山口蛍も同様に危うかった。長谷部誠、今野泰幸不在の中で、中心になるべきはこの選手だ。4-2-3-1を敷くなら、その2を中心にビルドアップを図るのが現代サッカー。だとすれば山口はチームのヘソだ。ところが仕切れない。円滑にボールに絡めない。積極性に乏しく、なによりヘソとしての自覚に欠けるように見えた。

 この試合、山口とコンビを組んだのは酒井高徳。長谷部の代役であり、今野の代役として先発を飾った。所属のハンブルガーではこのポジションで起用されており、本人としては抵抗なかったのかもしれないが、日本代表でここをプレーするのは初。いきなりで大丈夫なのかという不安を抱えての出場だった。

 本職は右も左もこなす多機能型のサイドバックだ。さらに守備的MFまでこなせば鬼に金棒。このような選手が1人いると、W杯本大会など短期集中大会においてメンバーのやりくりは楽になる。可能性はどんどん追求してほしいが、ここでいきなりそれを披露されると、少なくとも見る側は違和感が膨らむ。

 長谷部、今野がケガで戦列を離れたための応急措置と言えば聞こえがいいが、今野は先のUAE戦まではメンバー外だった選手。ケガ人は事実上、長谷部1人だろう。それなのにこの有様。ドタバタ劇に見えてしまう。

 長谷部が離脱すると、ハリルホジッチは「長谷部なしのチームは考えられない」と嘆いた。しかし、長谷部不在を想定外とするチーム作りをしてきたのは、他ならぬハリルホジッチ自身だ。34歳5カ月でW杯本番を迎えるベテランを、唯一無二の存在に仕立て上げた。そのリスク管理を怠ったツケが露呈しているのがいまの姿だ。

 今野に代わりに追加招集された遠藤航は、所属の浦和ではセンターバックとしてプレー中だ。守備的MFとしての勘が鈍った状態にある彼を、今野(長谷部)の代役として招集しても、試合で使えないことはわかっていたはずだ。そこに引き出しの少なさが見てとれる。

 UAE戦では代役の今野が長谷部を上回る活躍を披露した。「長谷部なしのチームは考えられない」との台詞は、今野の活躍ですっかり重みを失った状態にあるが、いずれにせよ、ハリルホジッチは今野に救われ、窮地を脱した。

 だが、サッカーの神様は、結果オーライのハリルホジッチ采配に新たな試練を課す。今野のケガだ。そしてその結果、ハリルホジッチはタイ戦に山口、酒井高を送り出す選択をした。

 試合に勝ったので、まさに結果オーライだが、ゲームをうまく運べない理由の半分近くは、この2人に起因していた。大ベテラン長谷部でひたすら押してきたツケが表面化した格好だ。もしこの試合がオーストラリア戦、サウジアラビア戦だったら。そう考えると、ハリルホジッチは強運の持ち主になるが、この巡り合わせも結果オーライになるのだろうか。

 長谷部、今野不在。いいサッカーができなかった一番の理由だ。2人がケガから回復すれば、そのまま揃って先発するのが最も好ましい姿に見える。ただし、2人の年齢を合わせれば67歳になる。

 ハリルホジッチが代表監督に就任して2年あまり。行なった試合は25を数える。もっと有効な時間の使い方はなかったのか、と言いたい。2018年6月から逆算してチーム強化の計画を練ってきたのか。結果ほしさのあまり、その場しのぎのメンバー起用に陥ったのではないか。「長谷部なしのチームは考えられない」の台詞に、とりわけ怪しさが漂う。結果オーライはいつまで続くのだろうか。

■サッカー代表記事一覧>>