「Hareza(ハレザ)池袋」建物低層部イメージ

写真拡大

 TOHOシネマズは2020年夏、新館「TOHOシネマズ池袋」(仮称)を東京都豊島区の大型複合施設「Hareza(ハレザ)池袋」内にグランドオープンさせる。

 豊島区庁舎及び豊島公会堂跡地を対象とした再開発地域と、豊島区が建設する新区民センターと中池袋公園を指す「Hareza(ハレザ)池袋」は、豊島区が掲げる“国際アート・カルチャー都市”のシンボルとして多様な文化を発信することを目指すエリア。ミュージカルや伝統芸能を公演するホール、アニメやサブカルチャーを楽しめる空間など、個性の異なる8つの劇場施設を備える。

 劇場施設のひとつを担う「TOHOシネマズ池袋」は、「Hareza池袋」内のオフィス棟2〜6階に出店し、10スクリーンの上映設備、約1700の座席数を完備。ハリウッド大作や邦画、劇場アニメーションに加え、単館系のアート作品といったバラエティに富んだ映画を堪能できる。さらにコンサートや演劇、スポーツのライブビューイングなど、非映画コンテンツも積極的に上映していく予定だ。

 「TOHOシネマズ池袋」(仮称)は、20年夏に「Hareza池袋」内にオープン。