出会いがなかなかなくて、友達の紹介で付き合い始めた場合は安心感があるもの。彼氏がいなくて寂しさを感じているとき、「誰かいい人紹介して」と友達に頼むと、すぐに声を掛けてもらえる女子もいれば、なかなか紹介してもらえない女子がいます。友達に男性を紹介してもらえない女子にはどんな特徴があるのでしょうか。

男性に依存しやすい浮気性など「男癖が悪い」




男性に依存しやすい、反対に飽きっぽい、または浮気性など、男癖が悪い女子はトラブルを起こしがち。自分の男友達や彼氏の友達に紹介しても上手くいくとは考えにくく、自分の顔をつぶされるリスクも大きいのです。そのため、たとえ美人でも、紹介したくない相手になります。

お金に汚かったり礼儀がなってなかったりと「性格に問題がある」




お金に汚かったり、言葉遣いが悪かったり、性格に問題があるようにみえる女子を紹介すると、男性側に自分の性格まで疑われかねないので紹介しにくいもの。女子会などで人の悪口ばかり言うような女子は、女友達としてはおもしろくもありますが、不満が多くわがままな印象です。また、以前に紹介してあげたときに感謝の言葉がなかったり、その後の報告をしない人は、その恋がダメになってしまった場合に、次に紹介したいという気持ちはわきません。

そもそも「友達じゃない」




「誰か紹介して」と頼んでも紹介してもらえない女子の中には、そもそも友達だと思われていないケースもあります。日頃親密な付き合いをしているわけではなく、都合のよいときだけ近づいてくるような人は「友達」ではなく「知り合い」。わざわざ男性を紹介してあげる気にはなれません。うわべだけの付き合いをしてしまいがちな人は、注意しましょう。

性格のいい女子に彼氏がいないと、誰かを紹介してあげたいと思うものです。反対に男性ウケはよくても、女子を敵にまわしている女性は「一生ひとりでいるがいい」と思われがち。男性を紹介してもらうためには、日頃から良好な友人関係を築いていることが大切なのかもしれません。