メキシコ西部グアダラハラで行われた記者会見で、質問に答えるフアン・ペドロ・フランコさん(2017年3月28日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界で最も太っているとされ、4か月前に減量処置を受けたメキシコ人のフアン・ペドロ・フランコ(Juan Pedro Franco)さん(32)が28日、同国西部グアダラハラ(Guadalajara)で記者会見を開き、記者団の質問に答えた。

 フアンさんはこの処置で170キロ減量し、次の段階で受ける手術により、再び歩けるようになる見通しという。
【翻訳編集】AFPBB News