満島ひかりと永山絢斗が恋人役で共演する『海辺の生と死』 (C) 2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ

写真拡大

満島ひかりと永山絢斗、交際が報じられた2人が映画『海辺の生と死』で恋人役として共演していることがわかった。

満島ひかりがヴェネチア国際映画に登場!ドレス姿でプレスを魅了

本作は、小栗康平によって映画化され、カンヌ国際映画祭で審査員グランプリに輝いた『死の棘』の原作者・島尾敏雄と、その妻で同じく小説家の島尾ミホ。太平洋戦争末期に奄美群島・加計呂麻島(かけろまじま)で出会った2人が、互いに惹かれ合いながらも、男はじりじりと特攻艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願う日々を綴った作品。

後年、互いに小説家である2人がそれぞれ執筆した鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島・加計呂麻島でのロケーションを敢行し完全映画化されたのが、この『海辺の生と死』だ。

島尾ミホをモデルとした主人公・大平トエを、本作が『夏の終り』(13年)以来4年ぶりの単独主演作となる満島が演じることはすでに発表されていた。そして今回、新たに発表されたのが、トエの恋人で島尾敏雄をモデルとした朔(さく)中尉を演じる永山をはじめとする追加キャストの名前。

島で慈父(うんじゅ)と慕われるトエの父親役を『かぞくのくに』のベテラン俳優・津嘉山正種(つかやま・まさね)。朔中尉の部下・大坪役を今年『帝一の國』『あゝ、荒野』と出演作の公開が控える期待の俳優・井之脇海(いのわき・かい)。自分より若い上官に鬱屈した表情を見せる兵士役を川瀬陽太(かわせ・ようた)が演じる。

本作出演に永山は「瀬相(せそう)港で一人フェリーを待つ間、ワクワクを抑えきれず防波堤を走って海に飛び込んだのは紛れもなく『この、僕』でした。どの島とも異なる独特な雰囲気を持つ奄美大島加計呂麻島で送った撮影の日々に、監督・共演者・スタッフ・出会うことの出来た全ての皆さん、海に・砂浜に・動物たちに・たくさんの緑に、そして島尾敏雄さん島尾ミホさんへの感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。

「朔という一人の男の胸の内の葛藤に、僕自身も苦しみ、心が同じように高鳴って、幸せを感じることが不思議なまでに出来ました。そして僕の中で朔という男は、今でも軍服を着たままの姿で、壁一枚隔てたすぐ向こう側にいるように感じるのです」と述べている。

『海辺の生と死』は7月29日よりテアトル新宿ほかにて全国公開となる。