Appleが、iOS App StoreおよびMac App Storeで配布されるアプリ名に、「無料」などの価格情報を入れるのを禁じたことがわかりました。

2月頃から受け入れを却下

VentureBeatによれば、AppleのiTunes Connectサービスでは今年2月頃から、提出されたアプリのメタデータに価格情報が含まれている場合、受け入れを却下しているようです。
 
今回のポリシーの変更は、無料であることを「売り」にするために、アプリ名やアイコンなどに「Free(無料)」の文字を入れる開発者があとを絶たないためと見られています。

「無料」といれるとエラーメッセージが表示

Appleは以前から、開発者向けガイドやApp Store製品ページで、こうした行為を行わないよう注意を促してきましたが、今回さらに一歩踏み込んだ模様です。現時点でアプリに「無料」の文字を入れて提出すると、以下のようなエラーメッセージが表示されます。
 

App Storeのあなたのアプリの名称、アイコン、スクリーンショットまたはプレビューには価格に関する情報が含まれており、これらはメタデータの一部として認められません。
 
アプリが無料または割引されるなどの情報を含む、アプリの価格に関する一切の情報を、アプリの名称から削除してください。アプリの価格の変更について宣伝したい場合は、アプリの説明の部分にその情報を含めるのが適切です。アプリ価格はiTunes Connectの「Pricing and Availability(価格と販売状況)」で変更可能です。

 
現在すでにApp Storeにあるアプリについては、名称などに「無料」と入っていても変更は要求されませんが、アップデートの際にはこれらの情報の削除が必要となります。
 
 
Source:VentureBeat
(lunatic)