俳優・鈴木亮平が29日、アメブロを更新し、「34歳」になったことを報告し、武士のような「情熱」を持って「役者」に向き合うことを誓った。


29日をまわった直後に「34才」と題して更新されたアメブロでは、「夜分に失礼しますよ。たった今、34才になりました。鈴木亮平です。」とファンへ報告。「なんだか、気恥ずかしいですね。いつもはあんまり誕生日を意識しない性格なのですが、今年はちょっと意識して前のめりに、こんな時間にブログをアップしてみました。」とつづり、「最近調べてみたんです。『34才って、幕末の志士たちは何をしていたのだろう』と。」と「34才」を意識した理由を明かした。

幕末の武士を調べると、「びっくりしたのは、多くの人たちがその年にはすでに亡くなっているんですね。」と驚きを隠せない鈴木亮平。「橋本左内 享年25 久坂玄瑞 享年25 高杉晋作 享年28吉田松陰 享年29 坂本竜馬 享年33 」とのことで、「気付けばいつのまにか、坂本龍馬よりも年上になっていました。さらに、近藤勇・土方歳三・小松帯刀の3名はちょうど34才にして亡くなっています。」と偉人たちの太く短い「生」に注目しながら、「一方、わたくし鈴木亮平。僕はもちろん長生きする気まんまんですが、それでも彼らに負けるわけにはいきませんので、同じくらいの激しい情熱を静かに腹に落とし込んで、これからの役柄に向き合っていきたいと思います。」と、幕末の武士らと同じく「情熱」を持って”役者”の仕事に向き合っていくことを誓った。

また、「34才」を迎える前日、2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の会見が都内で開かれた。主人公の西郷吉之助(隆盛)役を演じる鈴木亮平は「いやーどうですか!すごいですよね。最高のキャストが実現したと思っています。」とつづり、「まずは何よりも、僕の好きな邦画トップ10には必ず入る『蒲田行進曲』の伝説的トリオ、松坂さん、風間さん、平田さん。そして、ずっと同世代の俳優として意識し、尊敬してきた瑛太くん。『シバトラ』以来プライベートでも仲良くしていただいている塚地さん。『本日は大安なり』でもご一緒した渡部豪太くん。初共演となりますが、鹿児島出身で、透き通るような存在感を放つ桜庭ななみちゃん。そして最後に、黒木華ちゃん。皆さん知っての通り、花アンファミリーであり、天皇の料理番ファミリーでもあります。なんと二度とも彼女の義理の兄役だったのですが、今回は夫婦ということで、これまでに築き上げた信頼関係を活かして、素敵なシーンを作り上げていけたらと思っています。」と発表された新たな出演者たちに対する思いを語った。

さらに「その都度良い意味で驚いていただけるかと思いますので、楽しみに待っていてくださいね。実は僕もまだほとんど知らないんですけど(笑)」と今度も随時キャストは発表されていくようだ。

アメブロ最後には「それでは。34才なりたてピチピチの鈴木亮平でした。」と茶目っ気たっぷりの言葉で締めている。