タンクがないだけで、バイクってこんなに変わるんですね。

クルマが電気自動車やハイブリッドカーへと徐々に舵を切ろうとしてる今、バイク業界も例外ではありません。大手メーカーが次々と電動バイクやそのコンセプトを公開しています。そんな中、イタリアから登場した電動バイク『ITALIAN VOLT』はカスタマイズ性がウリという、ちょっと変わったアプローチをしているんです。

この電動バイクは注文者のオーダーによってデザインなどが決定され、この世に一台のユニークな車両として製作されるんだそう。このスタイルをメーカーは「テーラーメイド」だと主張しています。なるほど。自分好みの車両をさくっと手に入れるにはメーカーによるカスタマイズが最良の手段かもしれません。

秘められたパフォーマンスと充電性能







ロードスターと銘打たれたこの『ITALIAN VOLT』。その性能に触れないわけにはいかないでしょう。トルクは208Nmで、0〜100km/hの加速は4.6秒。最高速度は180km/hとされています。もちろんもっと速いバイクはありますが、気持ちよく街を走るにはなんの問題もなさそうです。

また、最大15kW/hのバッテリーを搭載しているので、満充電なら200kmの走行が可能とのこと。充電時間は0%から80%までが40分以下で完了するなど、なかなか使い勝手も良さそうです。これならツーリング中の休憩時に充電しても、ストレスを感じないでしょう。

未来を感じるデザインに豪華装備







ガソリンを入れる燃料タンクが不要なので、上部フレームがシュッとすぼまったデザインにできるというのも電動バイクのメリット。通常のバイクよりもこだわったデザインに仕上げられそうですね。車体にはブレンボのブレーキにオーリンズのサスペンションなど、豪華装備が搭載されてます。

利用者に合わせたライディング体験を





さらに、スマホ向けアプリが用意されていて、充電状況や車両の位置を遠隔地から把握可能なんだとか。バイクのトルクやエンジンブレーキのカスタマイズ、あるいはパフォーマンスのセッティングもユーザーが行なえるそうです。

現在は、公式ホームページ(関連ページ)から予約を受け付けている『ITALIAN VOLT』。21世紀はスーツのように、バイクもテーラーメイドするのが当たり前になるのでしょうか?

文/塚本直樹

関連サイト



IndieGOGO(『ITALIAN VOLT』製品ページ)

関連記事



【バイク版ダイエット】ゴツい印象のBMW『K100RS』が驚きの激ヤセ!

乗り味いいぞー! シンガポールのプロレーサーが生んだファットバイク

ドイツ軍のバイク戦車(?)『ケッテンクラート』がオークションに出てるぞー