初音ミクのカード育成型シミュレーションゲームが登場

写真拡大 (全4枚)

クリプトン・フューチャー・メディアは2017年3月28日(火)に、マイネットグループのマイネットエンターテイメントとモブキャスト両社が共同運営する「mobcast プラットフォーム」で、カード育成型シミュレーションゲーム「初音ミク ぐらふぃコレクション」のサービス提供を開始した。

「初音ミク ぐらふぃコレクション」は、様々なクリエイターの協力により実現したCGMソーシャルゲーム。様々なジャンルで活躍するイラストレーターが描き下ろした、「初音ミク」をはじめとするバーチャル・シンガー達のカードを集め、育成し、カードの成長を楽しみながら、カードライブラリの完成を目指すことを目的とするシミュレーションゲーム。

ゲームには1,000枚以上のカードイラストが登場。その中から10枚のカードでデッキを構築し、ソーシャルゲームならではのユーザー同士の対戦が楽しめる。カードにはステータスを強化する様々なスキルがあり、カードの組み合わせ次第で強い相手にも勝てることがこのゲームの特徴だ。

ゲーム内に登場するアバターキャラクターに様々な衣装を着せることで、ステータスをアップすることができる。登場する衣装は100種類以上あり、ゲームの攻略に欠かせない要素となっているとのこと。着せ替えをするとキャラクターの見た目も変わるため、たくさんの衣装を手に入れることも、ゲームを楽しむ要素の1つだ。

■サービス内容
料金:基本プレイ無料
対象:全年齢
ジャンル:カード育成型シミュレーションゲーム
対象プラットフォーム:mobcast プラットフォーム
PC版紹介サイト:http://www.crypton.co.jp/mikucolle/




■初音ミク ぐらふぃコレクション

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
・Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
・“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”
・賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
・音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!