テニス、BNPパリバ・オープン、男子シングルス準決勝。リターンを打つスタン・ワウリンカ(2017年3月18日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)テニス、マイアミ・オープン(Miami Open 2017)は28日、男子シングルス4回戦が行われ、大会第1シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)は6-4、2-6、1-6でドイツの新鋭アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)に敗れ、準々決勝進出はならなかった。

 マスターズで自身初の8強入りを果たしたズベレフは次戦、第8シードのダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)を7-6(7-5)、6-3で破った第12シードのニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)と対戦する。

 今月のBNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)決勝でロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)の前に涙をのんでいたワウリンカは、フルセットマッチで苦しむ中で疲労の色を隠せなかった。

 全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2016)王者のワウリンカは試合後、「第2セットの最初に悪いゲームがあった。それが私にとってはタフだった」としたうえで、「身体的にだけでなく精神的にも完全に落ちてしまったし、自分のテニスを見失ってしまった。もうガスが残されていなかった」と悔やんだ。
【翻訳編集】AFPBB News