写真提供:マイナビニュース

写真拡大

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は3月27日(米国時間)、「Apple Releases Multiple Security Updates|US-CERT」において、複数のAppleプロダクトに脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性を悪用されると影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある。影響を受けるプロダクトはmacOS、macOS Server、tvOS、watchOS、iOS、Safari、iWorkなど、多岐にわたるので注意。

Appleは以下で、脆弱性を抱えるプロダクトについて説明している。

・About the security content of macOS Server 5.3
・About the security content of tvOS 10.2
・About the security content of watchOS 3.2
・About the security content of iOS 10.3
・About the security content of macOS Sierra 10.12.4, Security Update 2017-001 El Capitan, and Security Update 2017-001 Yosemite
・About the security content of Safari 10.1
・About the security content of Pages 6.1, Numbers 4.1, and Keynote 7.1 for Mac and Pages 3.1, Numbers 3.1, and Keynote 3.1 for iOS

US-CERTは上記のセキュリティ情報をチェックするとともに、該当するプロダクトを使用している場合は必要に応じてアップデートを適用することを推奨している。

(後藤大地)