写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●国産スポーツカーは近年まれに見る充実ぶり
一時は衰退の兆候が顕著だった国産スポーツカーだが、車種は徐々に増えつつあり、本田技研工業の「NSX」やモデルチェンジしたマツダ「ロードスター」が話題を呼ぶなど、ここ最近は近年まれに見る充実ぶりだ。中でも、レクサスを含むトヨタ自動車の力の入れ具合は注目に値する。しばらくは“走り”で売るようなクルマから遠ざかっていた印象の同社だが、なぜ今、スポーツカーに力を入れるのか。

○話題が尽きないスポーツカー業界

ピークだったバブル末期から徐々に衰退し、2002年8月に日産自動車「スカイラインGT-R」やマツダ「RX-7」、トヨタ「スープラ」といった280ps勢や日産「シルビア」が一気に終焉を迎えるなどして、しばし停滞期に入った日本のスポーツカー業界。そんな中でも、かねてからしのぎを削っていた三菱自動車工業「ランサーエボリューション」とスバル「インプレッサWRX」や、マツダ「RX-8」のようなユニークなニューモデルの登場など、興味深い話題がなかったわけではない。

センセーショナルだったのは、やはり2007年に相次いで登場した「GT-R」とレクサス「IS F」だろう。さらに翌2008年には日産「フェアレディZ」がモデルチェンジし、2010年には価格3,750万円、限定500台のレクサス「LFA」が発売された。

2012年にはトヨタ/スバル「86/BRZ」が発売。手頃な価格とパワーでとっつきやすいFR車に多くのスポーツカーファンが色めきだった。その後、2014年にはレクサス「RC」、2015年にはホンダ「S660」の登場と「ロードスター」のモデルチェンジ、2016年には「GT-R」のビッグマイナーチェンジや「NSX」の復活とスポーツカーのニュースがつづき、2017年春にはレクサス「LC」の発売を迎えた。

○レクサスが充実、高まるトヨタの存在感

本稿執筆時点において、「NSX」、「LC」、「GT-R」、「RC」、「フェアレディZ」、「86」および「BRZ」、「ロードスター」、「S660」、ダイハツ工業「コペン」があり、ほかにスバル「WRX」やスズキ「スイフトスポーツ」など、実用車ベースのスポーティモデルも入れると、国産スポーツカーはここしばらくなかったほどの充実ぶりとなっている。そして、まだ車名は断定できないが、トヨタは「スープラ」を復活させると見られる。2017年秋の東京モーターショーあたりでなんらかの大きな発表がありそうだ。

ところで、今の国産スポーツカーのラインアップを見渡して印象的なのが、レクサスを含むトヨタの力の入れ具合だ。長らくスポーツカーらしいスポーツカーなど皆無だったトヨタが、なぜ一転して注力するようになったのだろうか。

●メーカーの器量を示すスポーツカー
○あらためて考える、スポーツカーを作る意味

あらためて考えてみると、自動車メーカーがビジネスを展開する上で、どのような商品を作って売るかはメーカーの自由だ。利益を確保したいのなら、なにも手間をかけてスポーツカーを作る必要などない。本来、スポーツカーは実用車よりも圧倒的に市場規模が小さい上に、税金や保険が割高となっている地域は世界でも少なくない。好きでも手に入れられる人が限られるのがスポーツカーという商品だ。

とはいえ、それでもスポーツカーを好む層は確実に存在する。購入には至らなくても、多くの人にとって興味や憧れの対象となるので、数は売れなくても話題性が高い点にも価値があるし、そもそもメーカー自身にも、開発や商品企画に携わる中でスポーツカーを作りたがっている人が大勢いるのだ。

そして、自社のラインアップにどんなスポーツカーを持っているかというのは、そのメーカーの器量を表す目安になると筆者は考える。

○イメージで欧州列強に対抗?

それでは、なぜトヨタはスポーツカーに注力するのか。すでに世界屈指の規模になって久しい同社だが、イメージでは欧州列強に及んでいない現状を打破するため、良質なスポーツカーを持つことが不可欠と考え始めた、という見立ては大きく外れていないだろう。

昨年、スバル版の姉妹車BRZとともにビッグマイナーチェンジを実施した86は、手頃な価格とパワーのFR車というマーケットが今でも確実に存在することを知らしめた。一方、レクサスにはRCやLC、毛色は少し違うが「GS F」などがあり、ほかに大半の車種にFスポーツというスポーティグレードが設定されている。

そしてスープラは、レクサスブランドではなく、あくまでトヨタブランドのフラッグシップスポーツとして、2011年に「戦略的な協力関係」を結ぶべく覚書に調印したBMWとの協業により開発中であり、開発責任者が足しげくドイツに通っているという。

トヨタのスポーツカーを代表する存在になりうる次期スープラ。情報は少ないが、このクルマの先行きと、トヨタにとっての存在意義を考えてみたい。

●次期スープラが持つ意味
○BMWとの共同開発はいいことづくめ?

思えば過去2世代のスープラはそれなりに人気を獲得したが、同世代に強力なライバルが並み居る中で、やや見劣りする感じの存在だったのは否めない。スポーツカーというのは、ただラインアップしていればよいわけではなく、いかに優れたものであるかも大いに問われる存在に違いない。ましてやトヨタやレクサスは、北米ではかなり高く支持されているが、欧州での評判は正直に言っていまひとつだ。その要因は、走行性能でドイツ列強に及んでいないと見られていることや、得意のハイブリッドがあまり好まれない欧州の市場性にあるといえる。

スープラについても、1年たらず前に欧州で商標登録されたとの情報があり、おそらく投入するものと思われるが、その使命は、トヨタがまだ満足な評価を得ることができていない“走り”の部分をしっかり訴求することを相当に重視しているはずだ。その点で、BMWというパートナーは非常に頼もしい。

実車の仕上がりにも大いに期待できるのはもちろん、イメージ的にも、BMWと共同開発したスポーツカーと聞いて購買層やスポーツカーファンに悪く受け取られることはない。どこまでBMWの商品と差別化が図れるのかはわからないが、いずれにしても、トヨタにとってはいいことづくめな話ではないかと思う。

ただし日本では、たとえ新型スープラの完成度がどんなに高くても、市場の特性や傾向からして、それほど数が売れることは期待できないだろう。とはいうものの、ここ最近はだいぶイメージが変わってきたとはいえ、なんとなく「つまらない」とか「スポーツカーに力を入れていない」というイメージの根強いトヨタにとって、同社が変わったことを印象づけるには、スープラの復活はなかなか効果的なのではないかと思う。はたしてどんなクルマが現れるのか、大いに期待して待つことにしたい。

(岡本幸一郎)