グアムで撮影された、南国編のメインビジュアル/(C)ふともも写真の世界展 南国編/ゆりあ

写真拡大

女性の“ふともも”にフィーチャーした作品で話題を集める、写真家ゆりあ氏の新作写真展「ふともも写真の世界展 南国編」が4月21日(金)〜5月14日(日)まで、ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京・浅草橋)にて開催される。さらに、名古屋でも初の巡回展として「ふともも写真の世界展 in 名古屋」が、5月1日(月)〜7日(日)で開催される予定だ。

【写真を見る】グアムの自然と融合した、健康的なふとももが満載/(C)ふともも写真の世界展 南国編/ゆりあ

同氏の写真展は2016年のゴールデンウイーク、シルバーウイーク、年末年始に開催されて大反響を呼び、2万5000人超を動員。ふとももフェチの人も、そうでない人も、男性も女性も思わず魅入ってしまうような、性別や嗜好を超えて楽しめる写真展として人気を集めた。

今回はすべて新作で、海外ロケの撮りおろしを中心に、新刊「ふたりとふともも2」の作品のほか、未公開作品も披露。作品点数は500点を超え、1000脚のふとももが会場を埋め尽くす独自の世界を展開する。とくに、グアムで撮影された作品は必見で、白い砂浜に透き通るような海、夕焼けなどの自然と融合した健康的な“ふともも”アートが堪能できる。

ゆりあ氏も「途中で色がはっきりと変わる広々とした海が日本ではなかなか撮れないと感じました。また、植生が異なるので何気ない風景でも日本とは違う感じが出ていると思います」とコメント。今年のゴールデンウイークはぜひ、フェティシズムの追及からアートへ昇華した、“ふともも”アートの世界を楽しんで欲しい。【ウォーカープラス編集部】