元気のない彼氏を励ます方法〜男心を掴む励まし方とは?〜

写真拡大

なんだか彼氏の元気がない……。そんなとき彼女ならば、なんとかして励ましたい! と思うでしょう。しかし、励まし方を間違うと、彼を余計に落ち込ませたり、怒らせてしまうことも……。そこで今回は、彼氏を励ます効果的な方法について、男女心理の専門家である織田隼人さんが解説します。

<目次>
■元気がないときの男性心理4つ
■効果抜群! 元気がない彼氏を励ます言動
●元気がない彼氏を励ます言葉4つ
●元気がない彼氏を励ますメール・LINE4つ
●元気がない彼氏を励ます行動4つ
■逆効果! 元気がない彼氏をもっと落ち込ませる言動
●彼氏がもっと落ち込むNG言葉3つ
●彼氏がもっと落ち込むNGメール・LINE3つ
●元気がない彼氏をもっと落ち込ませる行動3つ
■まとめ

■元気がないときの男性心理4つ

彼氏を励ます前に知っておきたいのが、「元気がないときの男性心理」ではないでしょうか。そこでまずは、元気がないときの男性心理について織田先生に解説してもらいました。

(1)不幸を分かってもらえないと思っている

女性は落ち込んだ人を見かけるとできる限り話を聞いてあげて、「わかるわかる」と共感することで受け止める傾向があります。しかし落ち込んでる男性に対して「わかる」と安易に共感すると、「俺の悩みはそんなもんじゃない!」と怒り出してしまうことがあります。というのも、男性は自分の悩みについて共感してもらいたい、という気持ちが女性ほど強くないため。また、悩み自体を「とても大きな悩み」と思っているので下手に「わかる」と伝えないようにしましょう。良かれと思った行動が反感を買ってしまうことがあります。

(2)人に話せないことが多い

男性は、悩み事があっても自分の中で整理がつかないと言葉にできないため、女性とちがって人に話さない人が多い傾向があります。そのため悩みを無理に聞き出そうとするのはNG。話を聞くよりもそっとしておいてあげる方が男性を元気づけることに繋がることが多くあります。ただ、男性によっては自分から話そうとするときもあるので、そのときには話を中断させず、最後までしっかり聞いてあげてください。

(3)専門家以外のアドバイスはいらない

女性は彼から悩みを相談されたら、アドバイスしなくちゃと思いがちですが、安易に解決策を提示するのは危険です。特に男性は「専門家」からのアドバイスはありがたく受け取ることが多いですが、素人からの適当なアドバイスを受けると「そんな単純な悩みじゃない」という風に怒ってしまうこともあります。アドバイスは求められたらしてもいいですが、基本的に彼の話に耳を澄ませ、悩みを吐き出させてあげましょう。

(4)心を無にしたくなる

男性は元気がなくなると、悩み事自体を考えたくないため1時間や2時間、ニュースやスポーツの番組、ネット記事などをボーっと眺めるなどして、心を空っぽにしたいと思います。彼が何もしゃべらずボーっとしているときは、話しかけたり邪魔をしないことが大切です。

■効果抜群! 元気がない彼氏を励ます言動

●元気がない彼氏を励ます言葉4つ

元気がないときの男性心理が分かったところで、男性が励まされる言葉について織田先生に教えてもらいました。

(1)「がんばっているね」

男性の努力に目を向けてねぎらってあげると男性の心は回復します。また「がんばっているね」と言われることで、男性自身が「自分は前進している」と思い出す効果もあります。

(2)「辞めちゃってもいいよ」

女性が「逃げ道」を作ってあげることも大切です。人は逃げ道があるだけで「いざというときはこうしよう。いざという時まではがんばるかな」という気持ちに切り替えることができます。

(3)「○○君ならなんとかなるって」

これは乗り越えられそうな悩みを男性が抱えている時に有効な言葉です。男性は「自分の悩みを大したことがない」と考えることで悩みを乗り越えられることもしばしば。ですから「乗り越えられるたいしたことのない悩み」であることを伝えると彼の悩みが小さくなることもあります。

(4)「グチなら聞くよ」

普段グチをいわない男性であってもグチを言いたいことがあったりします。グチを聞いてあげる、ということを伝えると彼は安心してグチを言うことができてスッキリします。

●元気がない彼氏を励ますメール・LINE4つ

続いて男性が励まされるメール・LINEについて織田先生に教えてもらいました。

(1)「終わったら○○してあげる」

面倒ごとを乗り越えたあとに「救われる何か」があるとがんばることができます。終わったら彼の好きな料理を作ってあげたり、彼の行きたい場所に連れて行ってあげたりを提案しましょう。

(2)「今日起きたいい出来事を共有する」

自分が辛いときほど、日常の小さな幸せに目を向けるのが難しくなるものです。そこでその日にあったちょっとハッピーなことを彼に送ってあげるとよいでしょう。具体的には「今日、虹が見えてキレイだったよ」といった感じでOK。男性の負担にならないよう、返事を求めないメッセージにしましょう。

(3)ギャグ系のスタンプを送る

疲れているときほど「しんみりしない」ものを男性が求めていたりもします。思わず笑ってしまうギャグ系のスタンプやおもしろい画像を送るのも◎。

(4)動物の写真を送る

犬や猫、ハムスターといった動物の写真は癒し効果があるので、動物の写真を撮って送るのも効果的です。「かわいいなぁ」と感じることで癒し効果になるほか、可愛いものを見ることで男性は庇護欲を刺激され、もっと頑張ろう! と思います。

●元気がない彼氏を励ます行動4つ

続いて男性が励まされる彼女の行動について織田先生に教えてもらいました。

(1)頭をなでる

男性の元気がないとき、スキンシップは効果的です。頭をなでてあげたり、慰めてあげたりしましょう。「母性」を示すことで男性は癒されます。

(2)ただ隣にいる

落ち込んでいるときは何もせずボーっとしたい男性でも、「誰かにそばにいて欲しい」「寂しい」と感じています。背中をくっつけてのんびり座っている、ただ隣にいるだけでも男性は癒されます。

(3)味方でいることを宣言する

「どんなことがあっても、あなたの味方だから」というように彼にとっての味方であることを宣言すると彼は「一人じゃない、頑張れる」と思えます。

(4)日光の元に連れ出す

日光を浴びるとそれだけで憂鬱な気持ちが吹き飛びます。気持ちが沈んでいるときは外に出るのがおっくうになりがちですが、日の当たる場所に連れ出してあげることも元気づける1つの方法です。

■逆効果! 元気がない彼氏をもっと落ち込ませる言動

●彼氏がもっと落ち込むNG言葉3つ

元気がない男性に安易に「わかる」と共感したり、ボーっとしているところを邪魔するのはNGだと先ほどチラッと紹介しましたが、ここからは元気がない彼をもっと落ち込ませてしまう言動について織田先生の意見を紹介します。まずは元気がない彼を追い詰めるNG言葉について見ていきましょう。

(1)「わかる」「私もそうだった」

女性は共感されることで安心したり、癒されますが、男性はちがいます。人によっては「共感」することで怒りだしてしまうこともあるので、気をつけましょう。

(2)「がんばれ」

彼が既にがんばっている場合に「がんばれ」と伝えるのはマイナスです。「もうがんばっているんだ」「これ以上どうしろっていうんだ」という風に自暴自棄になりやすいので、激励の言葉はやめておいた方が無難でしょう。

(3)「どこかに連れて行ってよ」

日光を浴びる機会にもなるのでデート自体はOKですが、どこへ行き、何をするかといったプランは女性が立ててあげましょう。男性の負担を少しでも減らしてあげるのが◎。

●彼氏がもっと落ち込むNGメール・LINE3つ

続いて、男性が落ち込んでいるときに彼女から送られてきたらもっと落ち込んでしまうNGメール・LINEについて教えてもらいました。

(1)「次いつ会える?」

元気のない男性は仕事関係で悩み、忙しいこともしばしば。スケジュールを立てるにも日程が読めずイライラしてしまうので、「いつ会えるか」を何回も聞くのは辞めましょう。

(2)「返事してよ」

元気のない男性は、基本的に疲れていることが多いです。疲れている男性にとって「コミュニケーションをとること」自体、結構な負担となります。彼から返事がこないと、返事を催促したくなりますがグッとこらえることも必要です。

(3)私のこと嫌いになったの? 私と仕事どっちが大事なの?

LINEやメールのやりとりが減ると女性としては不安になってこういうことを聞きたくなるでしょう。しかし男性からすると「しんどいときに、彼女のフォローまでしなきゃいけないのか」と、ゲンナリしてしまいます。

●元気がない彼氏をもっと落ち込ませる行動3つ

最後に男性が落ち込んでいるときに絶対にしてはいけない、彼女のNG行動について教えてもらいました。女性がやりがちなNG行動とは……!?

(1)落ち込んでいる理由をしつこく聞く

落ち込んでいる理由を誰かに話し、共感してもらうことでスッキリするのが女性ですが、男性からすると「話したくないことを話すことは苦痛」です。落ち込んでる理由が知りたくても男性から言わない限りは聞かないでおきましょう。

(2)正論を言う

男性の元気がないときには「正しいことが正しくできない状態」であることが多く、そんなときに正論を伝えても「それができないから困っているんだ」となり、より落ち込ませてしまう可能性があります。

(3)一緒に落ち込む

共感能力が高い女性は、彼と一緒に落ち込んでしまうこともあるかも知れません。しかし、彼が凹んでいるときは「癒しオーラ」を出すほうが◎。明るく振る舞うことで、彼も元気付けられます。

■まとめ

元気のない彼氏を励ます方法について紹介してきました。いかがでしたか? 「男性心理を無視した励まし方をしていた!」という女性も多いのではないでしょうか? 励まし方を間違うと、彼を余計に落ち込ませたり、怒らせてしまうことも。そんなことにならないためにも、ぜひこちらで紹介したことを参考に「励まし上手な彼女」になってくださいね。

(監修・文/織田隼人)

※画像はイメージです