写真提供:マイナビニュース

写真拡大

住友電工情報システムは、オフィスファイルのほか、契約書やISO文書、複合機から取り込んだ紙文書の管理などで利用できる文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus (らくらくドキュメント プラス) Ver.4.3」を、3月28日より販売すると発表した。

最新版では、文書に挿入できる透かし情報を拡張し、これまではファイルの社外流出を防止する機能として、ビューワでファイルを表示する時とビューワからPDFファイルをダウンロードする時に、「社外秘」や閲覧者のユーザIDといった透かし文字を挿入することができたが、今回、さらに透かし挿入できる情報の種類が増え、 作成者の氏名、所属グループ、作成日、最終承認者の氏名、所属グループ、承認日、旧版文書、廃棄文書、発行前文書といった文書状態の表示、 社名ロゴや製品ロゴなどの画像も挿入できるようになった。

透かしは上下3箇所と中央に入れることができ、作成者や承認者の名前をファイルに重ね書きして出力することで、社外提出用の書類として使用できるという。さらに、社名ロゴや製品ロゴといった画像を入れることで、テンプレートに印刷したような体裁で出力することも可能だという。

また、外部システムからの文書呼び出しも追加され、楽々Document Plusに保管している文書を、文書番号や属性情報(受注番号、図面番号など)を所定のURLのパラメータに指定することで、外部システムからでも直接呼び出して表示できるようになった。

またこの機能は、文書番号や属性情報といった情報で検索して、複数の文書がヒットした場合には、それらを一覧で画面に表示することもできるという。例えば、e-文書法に対応した形で、楽々Document Plusに保管した領収書などの伝票を、タイトルや日付、利用者などの属性情報を使って、必要なときに会計システムから呼び出すような仕組みを構築可能だという。

パッケージライセンス価格は150万円(税別)〜。

(丸山篤)