写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリックス生命保険は3月27日、全社員参加型によるコミュニケーションQ&Aウェブコンテンツ「BAKUBAKUヴィレッジ」を公開した。

BAKUBAKUヴィレッジでは、一般ユーザーがTwitterやメールを通して不安や白黒ハッキリつけたいことなどを投稿。それに対して公式キャラクター「BAKU BAKU」や同社全社員が、実際に調査して解決策を見出すことで、ユーザーに安心を届けることをコンセプトとしている。

同社では、コンテンツの開設を通して「ご契約者さまをはじめ、これまで当社との接点がなかったユーザーとの接点機会を増やし、『お客さまに寄り添う企業姿勢』の浸透を図っていきたいと考えています」としている。