写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに3月28日(米国時間)に掲載された記事「Your Wi-Fi Is Slow Because Of Your Neighbour, Here Is How To Fix It」が、Windows、Mac、Android、Linuxで使用できるWi-Fiチャネルをモニタリングできるツールを紹介した。こうしたツールで適切なチャンネルを選定することでより安定した通信を実現できる可能性があるほか、混戦している場合の原因などを模索することができる。

紹介されているツールは次のとおり。

・Windows:WiFi Analyzer
・Windows:WifiInfoView
・Mac: ワイヤレス診断 (システムデフォルトアプリケーション)
・Android:WiFi Analyzer
・Android:WiFiAnalyzer(open-source)
・Linux: iwlist (sudo iwlist wlan0 scan \| grep Frequency \| sort \| uniq -c \| sort -n)
・Linux: wavemon

対象となる部屋にWi-Fiルータが1つしかない場合でも、隣接するほかの部家やほかの建物・店舗などで使われているWi-Fiが通信に影響を与えることがある。上記のツールを使うことで、自分がいる場所の周囲にどのようなWi-Fiがあるかを調べることができ、より問題の少ない設定を模索することが可能になると言える。

(後藤大地)