横山大観「蓬莱山」1949年

2017年3月29日(水)から4月10日(月)まで、京都高島屋 7F グランドホールにて、「高島屋史料館所蔵 日本美術と高島屋 -交流が育てた秘蔵コレクション-」が開催される。2016年4〜5月に愛知県の名都美術館、10月に東京都の日本橋高島屋で開催された展覧会の巡回展。近代日本の画家たちと高島屋との交流が紹介されている。入場無料で、開場時間は10:00〜20:00(最終日は17:00閉場 / 入場は閉場30分前まで)。高島屋は、1831年に京都の烏丸松原で、初代飯田新七によって古着木綿商として創業した。本展では、長い歴史を持つ高島屋のもとに集まったコレクションの中から、日本画 / 染織品 / 下絵 / 資料など約60点を展示。第1章「美術染織品と博覧会」と第2章「高島屋美術部」で構成された。さらに、横山大観や竹内栖鳳をはじめ、鏑木清方、前田青邨、川端龍子などの作品が高島屋に所蔵されているエピソードも合わせて紹介される。また、特別企画として、日本橋高島屋でも実施された「豊田家・飯田家 寄贈品展」を開催。高島屋四代飯田新七の娘・二十子が嫁いだトヨタ自動車創業家の豊田家と、高島屋創業家の飯田家から、高島屋史料館に寄贈された貴重な約30点の作品が特別展示される。

竹内栖鳳「アレ夕立に」1909年

■期間:
2017年3月29日(水)〜4月10日(月)

■開催場所:
京都高島屋 7F グランドホール
京都府京都市下京区四条通河原町西入真町52

■問い合わせ先:
京都高島屋
tel. 075-221-8811(代表)
url. http://www.takashimaya.co.jp/store/special/nihonbijutsu/