米国の四肢まひ患者が世界初の回復 脳に埋めた電極の信号で自ら食事

ざっくり言うと

  • 米国で慢性的な重度の四肢まひ患者が、手術を受けて世界初の回復を見せた
  • 脳に電極を埋め込み、ソフトウエアを駆使して脳と筋肉の回路を復活した手術
  • 患者は脳活動を直接利用し、自らの腕と手で食事ができるようになったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング