中国環境保護部が発表した情報によると、中国国務院はこのほど「原発安全・放射能汚染防止第13次五カ年計画及び2025年長期目標」を批准した。写真は山東省の華能山東石島湾原発。

写真拡大

中国環境保護部が発表した情報によると、中国国務院はこのほど「原発安全・放射能汚染防止第13次五カ年計画及び2025年長期目標」を批准した。

同計画の実施により、中国の稼働中の原発の設備容量は第13次五カ年計画最終年(2020年)に5800万kW、建設中は3000万kW以上に達し、原子炉数で世界2位になる見通しだ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)