オーナーと住む人の夢を叶える戸建て賃貸

写真拡大

アパートやマンションより、小さくても庭のついた一軒家に住みたい人は多いのではないでしょうか。でも、賃貸物件としてはまだまだ少ない状況です。戸建て賃貸投資は、あなたの安心とだれかの夢を結ぶ笑顔の投資法です。

オシャレなデザインにでき、個性が出しやすい

アパマンでも一軒家でも、入居者の多くはできることならオシャレなところに住みたいと思っています。
一軒家であれば自由度が高いので、外壁の色を変えたり、素材を変えたり、壁紙を変えたり、間取りを変えたりすることでオシャレな建物にすることが十分可能です。
同じような戸建て賃貸物件が並んでいるようなエリアであれば、ちょっとしたオシャレが選ばれるポイントとなり、人気物件になることもあります。

狭小地も有効利用できる

自分の持っている土地や相続で引き継いだ土地が狭小地だった場合、そこにアパマンを建てるのが難しくても、一軒家であれば建てられる可能性は高くなります。
この土地は狭くて形も悪いので使い道がないからと放っておくと、何の収益も生まないのに固定資産税だけは取られるという、まさに「マイナス資産」になってしまいます。
そういう土地でも、戸建て賃貸なら有効活用できる可能性がありますので、一度プロに相談してみることをおすすめします。

アパマンに比べて建築費用や解体費用が安い

アパマンにしても戸建て賃貸にしても、利回りを考える場合、初期投資にかかる建築費用だけでなく、最後に必ず必要となってくる解体費用も計算に入れておく必要があります。
鉄筋コンクリートの場合は、壊すのにいろんな機械が必要になりますし、同じ面積でも木造に比べて廃棄物の量が多くなります。
解体費用まで含めた利回りを考えた場合、木造の戸建て賃貸投資のほうが、利回りはよくなるといえるでしょう。

戸建ては維持費があまりかからないので手残りが多い

アパマンの場合、玄関や廊下、階段、エレベーターなどの共用部分が存在します。
このような共有部分の光熱費や管理費、修繕費が、じつは結構するのです。
これに対して、戸建て賃貸の場合は、一戸一戸が独立しているので、共用部分というのがありません。
屋根や外壁の修繕をする場合も、2階建てなので小規模な足場を組むくらいですみます。
その結果、戸建て賃貸の場合は、共用部分の費用がなく、家賃収入がほぼそのまま残るため、手残りがいいのです。

【まとめ】

・アパマンに比べてオシャレな一軒家は物件人気が高い。
・使い道がなく、マイナス資産になりやすい狭い土地でも一軒家は建てやすく、有効に活用できる。
・安く建てられて、解体する時も安価ですむ木造一戸建て。アパマンオーナーは共用部分の経費も多くかかるため、選ぶならやっぱり戸建て賃貸投資かもしれませんね。

★ 参考図書『マイナス金利時代のありえない「戸建て賃貸投資術」』
徳間書店(リンダパブリッシャーズ)
新谷准司 著