iPhone 8ではホームボタンが廃止され、前面のほとんどがディスプレイになると噂されています。

そこで気になるのが、指紋を読み取るTouch IDセンサーの場所。今回の噂によれば、意外なあの場所に搭載されるそうです。

iPhone 8はTouch IDを背面に搭載?

ウェブサイト『iDrop News』が独自に入手した情報によれば、iPhone 8 (iPhone Edition)のプロトタイプ開発は最終段階に達しています。

その最終型プロトタイプは、背面にTouch IDセンサーを搭載しているそうです。

これまでの噂では画面埋め込み型になるとか、顔や虹彩を使った認証に切り替わるといわれていました。

Appleは画面埋め込み型のTouch IDセンサーを開発・試験していたものの、この技術が実用レベルに達していないと判断したので、より信頼性の高い方法として背面に搭載したTouch IDセンサーを使うことを決めたのではないか、とiDrop Newsは推測しています。

たとえば『Nexus 6P』など、Androidスマートフォンでは指紋を読み取るスキャナーを背面に搭載している機種もあります。

iPhone 8のiSightカメラはレンズを垂直に2つ搭載?

iDrop Newsは、iPhone 8ではiSightカメラがレンズを垂直に2つ搭載した形になるという噂も取り上げています。

『iPhone 7 Plus』では、水平に2つのレンズを搭載したiSightカメラが使われています。


水平から垂直に切り替わる理由についてiDrop Newsは、レンズを垂直に並べた方がiPhoneを横にして持った際に被写体の距離を測りやすくなり、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)ヘッドセットに装着した際に都合が良いから、としています。

iPhone 8のボディは金属製?

さらにiDrop Newsは、iPhone 8のボディは金属製になるという話を消息筋から聞いた、とも報じています。

これまでiPhone 8のボディはガラス製になると噂されていましたが、落下の衝撃で割れてしまうことを理由に金属製ボディになるとiDrop Newsは説明しています。
iPhone 8のボディは全てガラス製、デザインは初代iPhone似か

これまでの噂とは相反する部分もあり、その信ぴょう性は確かではありません。今後、同様の内容がアナリストなどの予測で登場するのかに注目です。

参考

Exclusive 'iPhone Edition' Insider Information Leaked - iDrop News