サンチェス弾含む3発のチリがベネズエラ撃破《ロシアW杯南米予選》

写真拡大

▽チリ代表は日本時間29日、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の第14節でベネズエラ代表とホームで対戦し、3-1で勝利した。

▽5日前に行われた前節アルゼンチン代表戦を0-1と敗れた6位チリ(勝ち点20)が、最下位ベネズエラ(勝ち点6)をホームに迎えた

▽試合は開始5分、ゴール正面の位置で得たFKをサンチェスが直接狙うと、枠の右角に当たったシュートがゴールに吸い込まれ、チリが先制した。

▽続く9分にはチリが追加点。サンチェスの絶妙なスルーパスに抜け出したボックス右のアランギスが中へ折り返し、フリーのパレデスが押し込んだ。

▽攻撃の手を緩めないチリは22分、右サイドのイスラがクロスを供給。ファーサイドのサンチェスがヘッドで折り返し、パレデスが頭でネットを揺らした。

▽反撃に出たいベネズエラは63分、敵陣中央のやや右寄りの位置で得たFKからロンドンのヘディングシュート。これで1点を返すと、その後も勢いづく。

▽そうした状況の中、チリは76分に左CKからボックス内でE・バルガスに対するフェルツチェルのホールディングでPKのチャンスを獲得。しかし、サンチェスが決めきれない。

▽それでも、チリがベネズエラの反撃を1点でシャットアウト。勝利で締めくくった。