写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーエージェントは3月28日、インターネット広告事業において、人材の早期戦力化を目的としたオリジナルの育成プログラム「JIP(ジップ)」を構築し、4月より導入することを発表した。

同社によると、昨今のインターネット広告市場の成長に伴い、これまでマス広告を中心に出稿を行ってきたブランド広告企業がインターネットマーケティングを強化していることから、インターネット広告を取り扱う人材の育成が急務となっていると説明。

同社インターネット広告事業においても、企画営業・コンサルタント職を中心に採用を強化し、1年間で、中途社員・新卒社員合わせて約300名が入社しており、今後は人材採用の強化とともに、入社後の早期戦力化を図るため、独自の人材育成プログラムを構築したという。

今回導入する「次世代インターネットマーケティングプログラム(通称、JIP)」は、新入社員が早期に活躍する人材になるための要素を細かく定義し、それらを身につけるために必要な知識や経験、考え方などをすべてプログラム化したもの。

プログラムは初級・中級・上級を用意し、新入社員の早期戦力化のみならず、顧客と相対する全社員を対象とすることで、インターネット広告に携わる社員すべてのスキル向上を目指す。

これにより、トレンドやニーズが刻一刻と変化するインターネット広告市場に対応し、市場をけん引できる人材の育成を実現したい考えだ。

(小松原綾)