PKをセーブするGK川島(左)とティーラシン・デーンダー(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 28日に2018年ロシアW杯アジア最終予選の試合が行われ、日本代表はホームでタイ代表と対戦し4-0の勝利をおさめた。タイは日本に完敗したものの、タイ紙『スポーツ・サノック』は母国代表に高評価を与えている。

 同紙はタイトルに「ムイはPK演出! ”戦う象”は決して完敗した訳ではない」とつけて、タイ代表の戦いぶりを称賛した。ムイとは背番号10を背負うティーラシン・デーンダーの愛称のことで、戦う象はタイ代表のニックネームのことである。

 試合開始して86分、ペナルティーエリア内に侵入したティーラシンは長友佑都のファールを誘いPKを獲得。PKはGK川島永嗣によってセーブされたが、ティーラシンはこのほかにも強烈なシュートを放って日本のゴールを脅かしたシーンもあった。

 結果的に0-4の大敗を喫して日本に敗れたとはいえ、試合内容からすれば大きな差はなかったかもしれない。将来的には、タイ代表が日本代表にとって脅威の存在となる可能性もあると言えそうだ。

text by 編集部