今回は、片思い中の彼にどうにか振り向いて、好きになってもらうための方法について、一緒に見ていきましょう! 彼を諦める前に参考にしてみてください。

1.彼にアプローチし続けて粘ると勝つ



世の中には、ホントにいろんな種類の恋愛相談があります。たとえば「何年、彼にアプローチしても、彼が振り向いてくれない」というものもあります。反対に「アプローチし続けて3年目で、やっと彼とつきあえた」という歓喜の報告もあります。

つきあえるかつきあえないかって、いわばタイミングがすべてを決定するようなところもあります。それにタイミングって、言ってしまえば「神様にしかわからない」ことかもしれません。

しかし、片思い中の彼をどうにかものにしたいとお考えの女子は、どうか粘ってみてはいかがでしょうか。

この方法のコツは?
アピールされると、相手のことを意識したりしますよね。それは女子も男子も同じです。

始めは何とも思っていなくても、何度もアプローチしてくると、「俺のことこんなに好きなんだ。」と思います。こんなに思ってくれているなんて、うれしいな、かわいいなって、恋愛感情がでてくることも。

今、片思いの相手に、アピールはしているものの、ちゃんと思いを伝えていないのなら、一度「好き。」と伝えてみるのもひとつの方法です。気持ちには気づいているけど、確信が持てず彼から告白できないのかも。彼から告白して欲しい気持ちはあっても、なかなか関係が進まないのなら、自分から伝えてみて。

2.彼のことを思い続けると伝わる



何年彼のことが好きでも、つきあえない、というのは、先に書いたようにタイミングの問題もあります。単純に彼があなたのことが好きではない、ということもあるでしょう。

でも、本当に本当に彼のことが好きであれば、純粋に彼のことを思い続けると伝わるということだって確実に言えると思います。

この方法のコツは?
「どんなに彼のことを思っても、結局、彼とつきあえなかった」という残念な結果になることだってあるでしょう。
でも、真剣に、純粋に彼のことを思い、その結果つきあえなかったとしたら、そのプロセスと結果は、確実にあなたの人間性を高めます。そして「結局、つきあえなかった」という結論に納得する時期がやってきます。

問題は常に「本当に好きなら、純粋に彼のことを思えるかどうか」という、ごくシンプルなところにあります。彼を確実に落としたいからテクニックを使おう、というのも、全然OKかと思いますが、テクの後先にある思いを、十分にめぐらせたかどうか、ということのほうが、もっと大切なのです。

何度も告白して何度振られても、最後には彼から告白してくれる、なんてこともあるので、思い続けることは重要です。

3.「彼がなにを欲しがっているのか?」を知る



たとえば彼が結婚したがっていないのに、あなたが結婚をちらつかせて交際を迫ると、きっと彼とつきあえないでしょう。反対に、彼が結婚したがっているのに、あなたが「あたしはまだ遊びたいの」と言っていては、交際できないでしょう。

彼が今なにを求めているのか? これを知るというのは、非常に重要なことです。

この方法のコツは?
彼とちゃんと話をすることです。会話の中から彼が求めているものを知り、それを適切に彼に提供できるかどうか、ということです。

恋愛って、非常に感覚的な心の動きですが、ときには、相手が欲しがっているものを知り、それを十分に用意するという、論理的な思考や行動も必要ということです。ひとりの時間にひそかに戦略を立ててみてはいかがでしょうか。

彼が好き♡ の気持ちを大切に



意中の彼を落とすためのテクニックって、ネットにたくさんあります。そしてそういうテクを使っている女子だって、大勢いると思います。

でもテクだけで彼が落ちないのであれば、念じるしかありません。あるいは彼が欲しがっているものを知り、論理的に戦略を立てるしかありません。その戦略を実践するときは、言うまでもなく思いというか念じることが求められます。

見えない気持ちが見えない空を飛んで、ふたりは結ばれます。こういう非論理的な、一見してアホみたいなことを真剣に思う、というのが、意中の彼を確実にものにする、非常に重要なポイントではないかと思います。

恋する気持ちというものは目に見えないわけですから、目に見えないものをもっと大事にする心があれば、恋の成功率は高くなるでしょ? 
(ひとみしょう)