寒い冬がようやく終わりを告げ、いよいよ春もすぐそこです。これからどんどん気温も上昇し、ポカポカ陽気で外出が楽しくなる時期なのはうれしいことですが、その反面冬にはあまりなかった「汗」に悩まされる時期の到来でもあります。

汗をあまりかかない冬は、衣服の洗濯も正直おざなりになりがち。特に洗濯が難しい衣類の場合「汗かいていないからいいや」「汚れていないし……」と、つい洗わずに着続けてしまうことって、ありますよね。

約7割の女性はニット&セーターを洗わずに着ていた!

サンケイリビング新聞社による情報紙「シティリビング」は、「ライオン株式会社」とともに、働く女性へ「洗濯」に関する意識調査しています。その中で「頻繁には洗わずに、繰り返し着ている服はあるか?」という問いに、74%の女性が「はい」と回答! 具体的に衣類のアイテムで一番「繰り返し着ている」という率が高かったのは「セーター・ニット」(68.1%)でした。確かにセーターやニットは洗濯機で洗うのが難しいうえ、着用する冬場は汗もかかず、インナーを着ていることも多いアイテム。1日着用したくらいでは汚れやニオイも気にならないのでつい「洗わなくていいや」となりがちなのでしょうか? とはいえこれから温かくなって、セーターやニットを洗わないままタンスの奥にしまいこんだまま……なんてことになれば、やはり衛生面で問題がありそう。

汗をかかない冬は特に洗濯が雑になりがち!?

2位は「デニム類」。デニムも汚れが目立ちにくく、1日着用したくらいでは気にならないアイテムです。さらに「色落ちするからデニムは洗わないほうがいい」という風潮もあり「洗わなくていいや」に拍車をかけている気がします。とはいえこれから気温が上がって汗をかくと、デニムのニオイも気になるところです。

他人はけっこうチェックしている!?ニット&セーターの毛玉

洋服の衛生面で、やや不安を感じるビジネスウーマン。このような状態の洋服を身に着けているのは、人の印象的にどうなのでしょうか?

毛玉は手で引っ張らないで、はさみで切るのが正解だそうです

同調査にて「『人の着ている洋服』を見て気になることは?」という質問を働く女性たちにしたところ、「汚れ」は41.0%で「ニオイ」は35.4%の人が気になるという結果。服の汚れやニオイは、けっこうチェックされているものなのかもしれません。

ちなみに1位は「毛玉」で61.5%。毛玉といえばセーターやニットにつきやすいものです。そう考えるとセーターやニットはかなりお手入れでの難易度の高いアイテムといえます。

服の手入れがおざなりだと、人の影響に悪影響大

「毛玉」などの他人が着ている衣服が気になった時、人はどのような印象を持つのでしょうか?同調査によると一番多いのは「だらしがなさそう」で69.6%。さらに68.5%の僅差で「清潔感がなさそう」が続いています。続いて「女子力が低そう」という意見も29.2%。ニットに毛玉がついているだけでここまで印象が悪くなるというのは、ある意味ちょっと怖い結果といえるかも。

とはいえ帰宅時間が遅いと外干しもままならないのが、働く女性のつらいところです。

とりあえず服のお手入れを怠り、あまりに毛玉や汚れを放置しているのは人の印象としてもすごく損している可能性が高いといえます。冬ものをしまい込む際はしっかり洗って汚れを落とし、次のシーズンに備えましょう。

【参考】
調査主体:サンケイリビング新聞社
調査期間:2017年2月17日〜2月22日
調査対象:シティリビングメール会員2,246人(正社員総合職23.7%、正社員一般職43.9%、契約・嘱託社員10.1%、派遣社員8.3%、パート・アルバイト14.0%)