iOS10.3では、「体感速度」が上がる調整がされている、とAppleのエンジニアが明かしました。

アプリ起動などがキビキビと

3月28日未明に公開されたiOS10.3は、新ファイルシステムの導入により、強固な暗号化、安定性と信頼性の向上が図られています。
 
さらに、ユーザーが「動作が速くなった」と感じられる微調整がされている、とAppleのソフトウェアエンジニア、レノード・ラインハルト氏がTwitterで明かしています。
 


 
ラインハルト氏によると、iOS10.3では、アプリの起動や終了、切り替えの動作時のアニメーション動作を若干短くしたことで、キビキビ動くように感じられる、とのことです。
 
筆者もiPhone7 PlusにiOS10.3をインストールして試してみたところ、アプリの立ち上がりが速くなっているのを感じることができました。

セキュリティ上の問題点にも対処!

iOS10.3では、アダルトサイト等でSafariでポップアップウィンドウが無限に開き続ける攻撃への脆弱性を修正しています。この脆弱性は、慌てたユーザーからiTunesギフトコードなどを騙し取るのに悪用されていました。
 
iOS10.3へのアップデートは、前述のとおりファイルシステムの変更を含むため、アップデート中の予期せぬ中断によりデータが失われる可能性があります。
 
iPhoneのバックアップを取った上で、パソコンのiTunes経由でアップデートすることを強くお勧めします。
 
 
Source:Twitter via BGR
(hato)