中国メディア・今日頭条は27日、「日本はあらゆるところが素晴らしいが、この点では中国と比べ物にならない」とし、日本を訪れて感じた日本の優れた点と問題点について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・今日頭条は27日、「日本はあらゆるところが素晴らしいが、この点では中国と比べ物にならない」とし、日本を訪れて感じた日本の優れた点と問題点について考察する記事を掲載した。

 記事は数日間の訪日を終えて中国した感想として「日本国民全体の民度に感嘆した。言葉は通じないが、ちょっと見聞きしただけでも感じ取ったものは多いとし」、日本人や日本社会の優れた点を挙げた。

 挙げられたのは、時間を守る意識や環境を守る意識の高さ、節約を重んじ、空間の最大化を図る点、インフラ設備がしっかり整っており、道路と鉄道の交通網も合理的かつスムーズにできていることなどだ。また、製造業も極めて発展しており、技術の付加価値やクオリティの高さ、経済レベルの高さについても言及している。

 一方で「日本はさまざまなものが成熟期を迎えており、すでに成熟し飽和状態となってしまった経済によって若い世代が未来の発展に希望を抱くことなく、二次元文化の中から抜け出せなくなってしまっている」と指摘。また、日本の物価は極めて高いことで若い世代の多くが逃避を選択し、多くの人が独身であることを選んでいるとも説明したほか、日増しに加速する日本の高齢化についても言及した。

 記事は「日中関係の問題はナイーブであり、中国人として理性的な愛国は欠かせない。民族的な恨みを持ちつつも、中国人は冷静に自らの発展を見つめ、他人の長所を学ぶ取るべきなのだ」と論じている。

 ついこの前まで猛烈な経済発展を遂げ、現在も成長を続けている中国の人びとに取ってみれば、日本の状況は飽和や停滞といったイメージで受け取られやすいのかもしれない。しかし、その「飽和や停滞」はやがて中国もすることになるだろうし、少子高齢化に関してはすでに中国でも進んでいる。これからの時代は、互いに知恵を出し合い、互いに学び合いながら上手くやっていくべきなのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)