「シン・ゴジラ」の各形態をソフビで再現 プレミアムバンダイ

写真拡大

バンダイは、怪獣ソフトビニール(ソフビ)フィギュア「ムービーモンスターシリーズ」から、映画「シン・ゴジラ」のクライマックスシーンを再現した「ゴジラ2016 クライマックスver.」「ゴジラ2016 形態変化3体セット」の予約受付を、2017年3月22日に直販サイト「プレミアムバンダイ」で始めた。発送は9月の予定。

熱線を吐く口の中のシワまで

「ゴジラ2016 クライマックスver.」は、熱線を吐き出しているクライマックスシーンの「ゴジラ」を全高約17センチで立体化。大きな口から胴にかけて新規で金型を起こしフォルムを一新したほか、口の中の形状は劇中のモデリングを参考にシワまで忠実に再現。体表をメタリックパープルで塗装し、背ビレにクリアパーツを採用、紫色に光るゴジラを表現した。

価格は2700円(税込)。

「ゴジラ2016 形態変化3体セット」は、16年8月発売の長い尻尾を引きずりながらビルをなぎ倒し進む「第2形態ver.」、赤黒い体表で直立2足歩行を始めた「第3形態ver.」を、陰影を醸し出す重塗装でリペイントし、暴れるゴジラの迫力をさらに忠実に再現。

加えて新たに追加された「凍結ver.」は、最終場面のゴジラを新規金型で尻尾のディテールまでこだわって立体化。黒地のボディにダークホワイトを塗りつけ、終盤を荘厳に飾る凍結シーンを再現した。

価格は8100円(税込)。